複雑なマルチメディア・ルーティングを簡略化する世界初のDisplayPort 1.2デバイスを発表

PR TIMES / 2012年11月19日 11時21分



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーで、ホーム・
マルチメディア向けIC市場をリードするSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、
以下ST)は、その革新的なDisplayPort対応製品ポートフォリオを拡充する
新製品STDP43シリーズを発表しました。これらのシステム・オン・チップ(SoC)
は、世界初の高速アクティブ・プロトコル双方向メディア・ルーティング・
デバイスで、様々なソースからの音声データや映像データを管理し、複数の
ディスプレイに送信します。これらの製品は、コンピュータやデジタル家電で
使用されている最も一般的なデジタル・ディスプレイ・インタフェース規格の
最新バージョンであるDisplayPort 1.2とHDMI 1.4に対応しています。STDP43 は、
急成長中である新しい電子看板や、インテル社・AMD社の最新CPUを搭載した
次世代ノートPC・デスクトップPC(Display Port1.2 マルチストリーム対応)に
求められる汎用ドッキング・ステーション / ビデオ・ハブ機能の普及を
促進します。

STDP43シリーズは、複数のディスプレイでコンテンツを共有することが重要と
なるデータ・センター、大型分割テレビ・スクリーン、管理センター等、現在の
複雑なディスプレイ・オプションを管理する強力なルーティング・ロジックを
提供します。デュアル・モードのレシーバとトランスミッタを様々な構成で使用
する状況において、同製品は、DisplayPort 1.2とHDMI 1.4の信号を分割、結合、
ルーティングに加え、複数モニタが連結されたディスプレイのフルHD
信号(各ピクセルの最大色深度 : 48bit)またはシングル・ディスプレイの
4K x 2K信号(4096 x 2160p : フルHDの4倍)に変換することができます。

STのディスプレイ製品事業部 ジェネラル・マネージャであるTodd Meanyは、
次の様にコメントしています。「非常に多機能なSoC であるSTDP43シリーズが
STの強力なDisplayPort 1.2ソリューションに加わりました。ドッキング・
ステーションとメディア・ハブからの複雑なメディア機能を、より迅速かつ
柔軟に実装できるSTのメディア・ルーティング・コンセプトは、ノートPCや
ディスプレイの設計者に歓迎されています。さらに、マルチメディア・データ・
センターでは、マルチストリーム機能を最大限に活用することで、設計を拡張
する際の選択肢が広がります。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング