最も心に響いたアドバイスは、「上司」の一言。 ー 「[en]チャレンジ!はた☆らく」ユーザーアンケート集計結果 ー

PR TIMES / 2014年6月30日 17時9分

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、アルバイト、派遣、正社員の求人情報をまとめて探せる求人サイト「[en]チャレンジ!はた☆らく」( http://hb.en-japan.com/ )上でサイト利用者1,530名を対象に「心に響いたアドバイス」についてアンケートを行いました。以下概要をご報告します。



■調査結果概要

出会いの季節から3ヶ月。新しい環境にも慣れて、余裕が出てくると、様々な心配ごとが頭をよぎる頃でしょうか。今回の調査では、今までで「最も心に響いたアドバイスをくれた人」、その人にまつわるエピソードを伺いました。一番多くあがったのは「上司」(23%)。同率第2位は「家族」「先輩」(18%)でした。上司からは仕事の能力を高めるためだけではなく、人と接する上での考え方、意識転換の方法など多岐にわたるアドバイスを受けたという声が。「上司」「家族」「先輩」のように、自分より豊富な人生経験を元にしたアドバイスは、長く心に響いているようです。


■調査結果詳細

最も心に響いたアドバイスをくれた人、第1位は「上司」(23%)。
第2位は、同率で「家族」「先輩」(18%)。


上司・家族・先輩からアドバイスを受けた状況や言葉、その後の気持ち・行動にどんな変化があったか伺いました。その場だけではなく、随所で思い返し、自身の指針となっているようです。


【上司】

▼アドバイスを受けた状況・言葉
28歳 -年上の後輩指導、仲間の退職、家族の不幸など 困難の連続に参っていた時-
『あなたに越えられない壁はおとずれない。
 必ず乗り越えられるし、乗り越えたあなたはもっと素敵な大人になっているはず。』

▼その後の変化(行動・気持ち)
悲しいことや達成できなくて悔しいことは続きましたが、
絶対に乗り越える!という前向きな気持ちになりました。
今思えばその頃が社会人になってから一番充実していた時期だと思うことが出来ます。


▼アドバイスを受けた状況・言葉
21歳 -他の人と比べて自分の接客スキルの低さに落ち込んでいた時-
『そうやって悩むことが、お客さまのことを真剣に考えているということだ。
 頑張っている姿をみんな知っているから、自信持ってやりなさい。』

▼その後の変化(行動・気持ち)
他人と比べるのではなく、自分なりのやり方で、できることを精一杯取り組むようにしました。
日々の勉強を怠らないことももちろん。
自分が暗くてはお客さまにも楽しんでもらえないので、胸を張って明るく笑顔を忘れず
接客するように心掛けるようになりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング