1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【ホテルJALシティ宮崎】日本で最も古い歴史書である古事記の“現代語版”を全客室に設置

PR TIMES / 2012年6月1日 14時0分



ホテルJALシティ宮崎(宮崎県宮崎市、総支配人:藤原 秀生)は、財団法人竹田研究財団の竹田恒泰氏が出版した「古事記-現在語訳」を全客室に設置をいたしました。

古事記は天武天皇の発案でそれ以前の天皇家の先祖に関することを書物として編纂したいわば日本人の“聖書”ともいえる歴史書で、今年は古事記編纂から1300年の年にあたります。この古事記編纂1300年にちなんで財団法人竹田研究財団が行うホテルへの配布プロジェクトに賛同し、全客室へ設置をいたしました。古事記の原文といえば現代人にとってとても読みにくく馴染みのないものですが、原文を現代語訳でわかりやすく表現されたこの本は、それまでの堅苦しいイメージが覆る一冊となっています。
古事記に登場する神々の物語の中心は恋物語で、初めて誕生した男女の神様であるイザナギのミコトとイザナミノミコトが二人で国生みをした地とされる江田神社や、みそぎの原点とされる「みそぎ池」、第一代天皇である神武天皇が都を中央に移す前まで宮崎で政治を行ったとされることから創建された宮崎神宮など、ホテル周辺には観光スポットが幾つも点在しています。古典文学に浸る一夜を楽しみ、ゆかりの地を訪れてみてはいかがでしょうか。 

竹田恒泰氏について
作家 慶応義塾大学講師。財団法人竹田研究財団理事長。旧皇族竹田家に生まれ、明治天皇の玄孫にあたる。これまでに天皇家に関する著書を出版し、古事記に関する著書はこのほかに「現代語古事記」がある。平成23年刊「日本はなぜ世界で一番人気があるのか」は30万部を越えるベストセラーとなる。

【ホテルJALシティ宮崎について】
2002年11月に開業した今年開業10周年を迎えるホテル。客室数210室とレストラン1店舗、宴会場2室を有する。癒しと寛ぎをテーマコンセプトとして客室、レストランともに自然採光を重視したシンプル&モダンなデザインが特徴。

アクセス:宮崎空港から車で20分、JR宮崎駅から徒歩10分
所在地:〒880-0001宮崎県宮崎市橘通西4丁目2-30
電話: 09895-25-2580


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング