シードルの事典~海外のブランドから国産まで りんご酒の魅力、文化、生産者を紹介~

PR TIMES / 2017年12月27日 11時1分

欧米で大人気、日本でも年々、認知度と関心が高まっているシードル。勢いある国産シードルと世界のシードルを紹介。

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2018年1月12日(金)に、『シードルの事典』を刊行いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12109/350/resize/d12109-350-956522-0.jpg ]

ここ数年、世界中でその市場を伸ばしている、りんごのお酒、シードル。
伝統的なヨーロッパの製品はもちろん、革新的な作り方で注目されている、オレゴン・ポートランド、そして、世界に誇るりんご栽培技術をもつ日本でも、数々のシードルが誕生している。農家のシードル、ワイナリーのシードル、ブルワリーのシードル、レストランのシードル、さまざまな味わいが私たちを楽しませる。

本書では、年々躍進する国産シードルをメインに、世界のシードルの「文化」「楽しみ方」を紹介。シードルの歴史から製法、生産者インタビュー、シードルと料理のペアリングなど、いま知りたいシードルを紹介。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12109/350/resize/d12109-350-829312-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/12109/350/resize/d12109-350-196843-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/12109/350/resize/d12109-350-627050-3.jpg ]

【目次】
⚫りんごのお酒、シードルってどんなお酒?
シードルの説明/シードルができるまで/シードルを作るりんごの種類/りんごの歴史
⚫シードル文化史  
ブルターニュ 陶器のカップで飲む/ノルマンディー カマンベールとカルヴァドスと/スペイン「シードラ」お祭りには欠かせない/イギリス、アイルランド「サイダー」パブでごくごく。ホットもあり/ポートランド「ハードサイダー」新しい生産者を世界が注目/その他
⚫国産シードルカタログと生産者インタビュー
青森、長野、北海道、宮城(日本で買えるメーカーのもの)
⚫シードルを楽しむ料理
シードルに合う料理、シードルを使う料理/和食とシードル
⚫日本で買える店、飲める店

【著者プロフィール】
小野司:日本シードルマスター協会代表
「シードルを、どこでも飲めるメジャーなお酒にしたい」。シードル/サイダー文化を日本に根付かせ、 シードルを「いつでも」「どこでも」「美味しく」飲める日常を目指し、2010年に設立。東京シードルコレクションや、数々の試飲会やセミナーなどを開催するほか、シードルアンバサダー認定試験などを導入し、シードルを普及するべく活動中。

【書籍概要】
書 名:シードルの事典
著 者:小野司(一般社団法人 日本シードルマスター協会代表)
仕 様:A5判、192ページ
定 価:本体2400円+税
配本日:2018年1月12日(金)
ISBN:978-4-416-51793-2

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店: https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416517932
楽天ブックス: https://books.rakuten.co.jp/rb/15112530/
ヨドバシ.com: http://www.yodobashi.com/product/100000009002851927/
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4416517939/
honto: https://honto.jp/netstore/pd-book_28668579.html

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター: https://twitter.com/seibundo_hanbai

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング