Microsoft Azureにおける製薬会社向けクラウド利用リファレンスを提供

PR TIMES / 2017年12月4日 14時1分

TIS株式会社(代表取締役:桑野 徹、本社:東京都新宿区)、アバナード株式会社(代表取締役:安間 裕、本社:東京都港区)、株式会社JSOL(代表取締役社長:前川 雅俊、本社:東京都中央区)、株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ(代表取締役社長:磯谷 元伸、本社:東京都江東区)の4社は、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム Microsoft Azure (以下、「Azure」)の環境において、医薬品・医薬部外品製造販売業におけるコンピュータ化システムに対して、CSV(コンピュータ化システムバリデーション)を適用するための一助となるリファレンス文書を共同で作成し提供します。

第一段階として、Azureが提供するIaaS(Infrastructure as a Service)ベースのサービス向けリファレンスを2018年4月上旬から無償で提供開始します。公開資料については、各社の公式サイトより無償提供されます。

【背景】
昨今の医薬品・医薬部外品製造販売業においては大量データの分析・加工、業務の自動化、AI機能の活用などのビジネスニーズ、GDPRやPIC/Sなどの各種法規制への対応など、多くのビジネス要件への迅速な適応が求められています。そのような中、パブリッククラウドであるAzureの導入検討が活発化しており、顧客からはCSV適用に関するコンサルティングやリファレンスなどの情報提供について多くの要望がよせられています。
一方でCSVでは当該業においてコンピュータ化システムを利用する上で満たすべき要件や動作保証のための開発、運用に関する事項が細かく規定されているため、Azure環境においても問題なくシステムを稼働できることを事前に整理した上で利用する必要があります。

【活動内容】
そこで4社では、Azure環境でCSVを適用するための要件とそれが保証される根拠となる情報をリファレンスにまとめることで、医薬品・医薬部外品製造販売業においてもスムーズにAzureを利用できる環境を整え、さらに各社にてAzureを活用したソリューションを準備していきます。これらのリファレンスと参画各社が提供するソリューションにより、顧客のビジネス拡大やCSVに限らず幅広い課題解決のサポートを進めていきます。

【提供リファレンス】
リファレンス名称(仮):
医薬品・医薬部外品製造販売業向け『Microsoft Azure』対応CSV適用リファレンス

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング