ツール・ド・フランス2020 今年も全21ステージ独占生中継!J SPORTSオンデマンドではスタートからフィニッシュまで完全LIVE配信!

PR TIMES / 2020年7月31日 14時40分

国内最大4 チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(本社 東京都江東区、代表取締役社長 木下 伸、以下「J SPORTS」 ※1)は、8月29日(土)から開幕する第107回ツール・ド・フランスを今年も全21ステージ生中継します。また、PC、スマホ、タブレットで見られる 「J SPORTSオンデマンド」※2 ではマルチカメラ配信に加えて、スタートからフィニッシュまで現地実況・解説(英語)にて全ステージ、スタートからフィニッシュまで全行程をLIVE配信します。
開幕日、29日(土)の第1ステージはJ:COM及び一部のケーブルテレビ局※3 、スカパー!で無料放送。さらに第1ステージはJ SPORTSオンデマンドの会員無料LIVE配信※4 に加えYouTube、Twitter、ニコニコ動画でも無料LIVE配信します。



世界最大のサイクルロードレース、ツール・ド・フランスは、当初6月27日~7月19日に開催される予定でしたが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受けて、8月29日~9月20日開催へと延期されました。第107回を迎える今大会、グランデパール(開幕地)に選ばれたのは地中海に面する南仏ニース。そこから中央山塊、ピレネー山脈と行き1度目の休息日。
再び中央山塊、そしてジュラ山脈を経由して2回目の休息日を迎えます。最終週はアルプス山脈とヴォージュ山脈を渡り最終ステージは例年通りパリにフィニッシュ。フランスの5つ山脈がすべて盛り込まれた非常に山がちなコースレイアウトとなっています。総距離3,470kmに及ぶドラマは今年も最後まで目が離せません。
[画像1: https://prtimes.jp/i/14079/353/resize/d14079-353-451266-0.jpg ]

今大会の出場チームは19のワールドチームに3チームを加えた22チーム。注目は現在ツール総合5連覇中のチーム イネオス。5勝クラブ入りを狙うクリス・フルーム、2019年王者のエガン・ベルナル、2018年王者のゲラント・トーマスというトリプルエースが出場予定です。開幕2日前の8月27日のチームプレゼンテーション終了後には発表直後の出場選手をおさらいする特番「月チャリ~5時までツール・ド・フランス開幕直前SP~」もお届けします。
今年もJ SPORTSの実況・解説陣によるトークをお楽しみいただける番組とは別に、レースのスタートからフィニッシュまでのすべてを現地の実況・解説でお楽しみいただける番組をJ SPORTSオンデマンド限定で配信いたします。日本語の実況・解説で楽しく詳しくレースを観たいというお客様からマルチカメラ配信や現地の英語実況・解説でツールのすべてを知り尽くしたいというお客様までお好みの番組でお楽しみください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/14079/353/resize/d14079-353-862509-2.jpg ]

昨年国内初の試みとして開催し、ご好評いただきましたツール・ド・フランス公認カフェ「Tour de France CAFÉ@TOKYO」の開催が今年も決定しました。入口の物販スペースではツール・ド・フランスのオフィシャルグッズや日本限定グッズをはじめ、今年は出場チームのオフィシャルグッズも販売します。J SPORTSオンラインショップでも販売しますので併せてご利用ください。
[画像3: https://prtimes.jp/i/14079/353/resize/d14079-353-529185-1.jpg ]


【ツール・ド・フランス公認カフェ 概要】
名称:Tour de France CAFÉ@TOKYO
場所:TORQUE SPICE & HERB, TABLE & COURT
150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目21-3 渋谷ストリーム4階
期間:8月20日(木)~9月16日(水)
営業時間:午前11:00~午後10:00 (FOOD L.O.午後9:00 / DRINK L.O.午後9:30)※変更になる場合があります。
ホームページ: https://www.jsports.co.jp/cycle/tour/cafe

※感染リスクに配慮して物販のみの開催となります。コラボレーションフードのご提供や記念イベントの開催等は実施いたしませんので、予めご了承ください。
[画像4: https://prtimes.jp/i/14079/353/resize/d14079-353-125489-3.jpg ]

8月にはいよいよUCIワールドツアーが再開され、J SPORTSでも3月のパリ~ニース以来およそ5カ月ぶりにリアルレースの中継が再開となります。再開後最初の中継レースはクリテリウム・ドゥ・ドーフィネ。例年もツール・ド・フランス前哨戦として注目度の高いレースですが、今年は同時期に開催されるもう1つの前哨戦、ツール・ド・スイスが中止された影響により各チームツール・ド・フランスを狙うトップ選手がこぞって出場することが予想されます。5ステージと例年より短い日程ながら山岳中心の厳しいコース設定となっており、長期のレース停止期間を経た各選手のコンディションを見る上でも重要なレースとなっています。
続いての中継レースはU23版ツール・ド・フランスと呼ばれるツール・ド・ラヴニール。2017年には昨年のツール・ド・フランスで総合優勝を果たしたエガン・ベルナル選手、2018年には昨年ネオプロながらブエルタ・ア・エスパーニャで総合3位となったタデイ・ポガチャル選手が本大会で総合優勝を果たしており、まさに未来のスターを発掘できるレースとなっています。日本チームの参戦も決定したので若き日本代表たちの活躍にも注目です。ラヴニール閉幕後の週末にはフランスNo.1選手を決めるフランス選手権の中継も予定しております。ツール・ド・フランス開幕までも白熱のレースをたくさんお届けしますので、どうぞお楽しみください。
[画像5: https://prtimes.jp/i/14079/353/resize/d14079-353-883455-4.jpg ]

*放送・配信日時・形態は変更になる場合があります。

新型コロナウイルスの影響により延期となった春のクラシックレースは、ツール・ド・フランス閉幕後の9月から10月にかけて開催されます。また例年は8月から9月にかけて開催されるブエルタ・ア・エスパーニャは10月20日に開幕します。当初はオランダ ユトレヒトで開幕し、ユトレヒトと北ブラバント州で3ステージを行う予定でしたが、日程の変更が困難となり今年は18ステージ開催となることが決定しました。ツール・ド・フランス閉幕後も注目のレースを生中継&LIVE配信でお届けします。
[画像6: https://prtimes.jp/i/14079/353/resize/d14079-353-501004-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/14079/353/resize/d14079-353-999018-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/14079/353/resize/d14079-353-193078-7.jpg ]

*放送・配信日時・形態は変更になる場合があります。

※1 J SPORTSはJ:COMなど全国のケーブルテレビ、BS放送(スカパー! )で約630万世帯が視聴する国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局です。
※2 J SPORTSオンデマンドは有料サービスとなります。詳細は、「J SPORTS オンデマンド」で検索ください。
※3 無料放送はご契約形態によって無料でご覧いただけない場合があります。あらかじめご了承ください。
※4 ご視聴にはJ SPORTS ID登録(無料)が必要です。

<充実の情報をJ SPORTS ツール・ド・フランス特集ページ、SNSアカウントでチェック!>
詳しくは J SPORTSツール・ド・フランス特集サイトをチェック! http://www.jsports.co.jp/cycle/tour/
J SPORTSサイクルロードレース公式Twitter、Facebookアカウントでも随時情報発信中!
Twitterアカウント名:@jspocycle  https://twitter.com/jspocycle/
Facebookアカウント名:J SPORTSサイクル部  https://www.facebook.com/jspocycleclub/



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング