日本エイサー 高輝度1,000ルーメンのLED光源を搭載した モバイルプロジェクター「K335」など4型番を発表

PR TIMES / 2014年2月13日 13時13分

~2014年2月14日(金)より発売開始~



日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、DLPプロジェクター「K335」「X113」「P1283」「P1383W」を2014年2月14日(金)より発売開始いたします。


■ LEDモバイルプロジェクター「K335」製品特長
・モバイルサイズで、1,000ルーメン高輝度LED光源を搭載し、鮮明な映像表示を実現
B5用紙よりも小さい232 x 166 x 46.3 mm、1.3kg の筐体に、トップクラスの1,000ルーメン高輝度LED光源を搭載しています。照明の点いた部屋でも、鮮明な映像を投写します。

・モバイル用途に最適な機能を搭載
- SD(SDHC)カードリーダーと、USBメモリ リーダー(USB typeA)を搭載し、パソコンや再生機器無しで、メモリ内のデータ(※1、2)を直接投写することが可能です。
- パソコンをUSBケーブルで接続して投写が可能なUSBディスプレイ機能を搭載。
- 2GBメモリを内蔵することで、パソコンから伝送したメモリ内のデータ(※1、2)をプロジェクター単体で投写できます。
・多様な利用シーンに対応する便利機能
- MHL(Mobile High-definition Link)対応で、MHL対応スマートフォン(※3)を接続して映像を投写することができます。映像を伝送しながら、電力も供給するので、バッテリー消耗の心配もありません。
- 各種3D方式に対応するHDMI ver1.4a端子を搭載。3D対応再生機器や家庭用ゲーム機器を接続して、迫力の3D映像を視聴できます。(※4、5)
- 使い終わったらすぐ片付けたい、そんな時に最適な「インスタント・パック」機能を搭載しています。電源が点いたまま電源ケーブルを抜いて、電源を切ることができます。
- 電源を落とした後に、またすぐ使いたい時に便利な「インスタント・レジューム」は、電源を落としてから2分以内なら、何度でも電源のON、OFFが可能で、アイドリング運転の終了を待たずに投写の再開が可能です。

※1 対応フォーマットは製品仕様をご覧ください。
※2 フォーマットによって、事前にファイル変換ソフト(同梱)でデータ変換が必要です。
※3 全てのMHL対応機器や、コンテンツの動作を保証するものではありません。
※4 3D対応機器、3D対応コンテンツが別途必要です。
※5 3D視聴には、3D用メガネ「E2B v2」(オプション)が必要です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング