1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

株式会社クリアコードと企業向けブラウザソリューションの協業開始

PR TIMES / 2021年7月13日 13時45分

~IEサポート終了をはじめとするブラウザ関連の課題への対応スピードを加速~

SB C&S株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「SB C&S」)は、ブラウザやオープンソースソフトウェア(OSS)に関する豊富なノウハウや実績を持つ株式会社クリアコード(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:須藤 功平、「以下「クリアコード」)と、ブラウザソリューションの協業を開始し、IE※1サポート終了、マルチブラウザ対応、インターネット分離、Webアプリケーション延命などの企業のブラウザ環境改善に向けたソリューションの提供を強化します。



[画像: https://prtimes.jp/i/22656/355/resize/d22656-355-04ca71d82307c2613e29-0.png ]

これまでもSB C&Sではブラウザソリューションを提供してきましたが、昨今、企業内のPC環境の整備や情報漏洩のリスク低減対策などにより複数のブラウザを並行して運用することが多く、さまざまな環境でのブラウザ利用における効率化、セキュリティ強化が求められています。今回の協業では、製品開発及びサポートをクリアコードが担うことにより、お客さまからのブラウザの自動切替設定などの機能追加やさまざまな環境、周辺技術への対応スピードを加速します。
また、今後はクリアコードが持つノウハウを活用して新たなソリューションの開発を推進し、SB C&Sはより幅広い環境、より多くのお客さまのブラウザに関する課題を解決します。

【ソリューション一覧】
ブラウザリダイレクトソリューション
ThinBridgeを利用したブラウザリダイレクトソリューションであれば、幅広いブラウザ(IE、Chrome※2、Firefox※3、Edge※4)のリモート環境(VMware Horizon、Microsoft RDS、Citrix Virtual Apps)に対応して柔軟に自動切替を設定できるため、適切なブラウザでシステムやサービスを素早く使用できます。2022年6月に予定されているIEサポート終了までに改修が間に合わない場合、延命措置により複数のブラウザが乱立して業務の生産性が低下する可能性がありますが、ThinBirdgeの自動切換機能はそれを抑止し、生産性向上に寄与します。

Webアプリ延命ソリューション
Webアプリ延命ソリューションは、アプリケーションのサポート終了の際にシステム移行が間に合わないといった問題を解決することができます。レガシーなIE用アドオン(ActiveX)に依存したWebアプリをIE互換ブラウザ(Simple Browser)と、VMware ThinAppのアプリケーション仮想化技術を組み合わせて、カプセル化しサンドボックス形式で利用するソリューションです。OSに依存せずウェブブラウザとアドオンを実行することができるため、レガシーなIE用アドオンが必要なWebアプリを延命して継続利用が可能です。

※1 Internet Exploreの略
※2 Google Chromeの略
※3 Mozilla Firefoxの略
※4 Microsoft Edgeの略

【ソリューションの詳細】
ブラウザリダイレクトソリューション
https://licensecounter.jp/vmware/lp/thinbridge.html

Webアプリ延命ソリューション
https://licensecounter.jp/vmware/lp/thinapp-flash.html

【お問い合わせ先】
SBBMB-sbb_vmware@g.softbank.co.jp

株式会社クリアコード 代表取締役 須藤 功平氏からのエンドースメント
クリアコードは、SB C&Sとブラウザ分野で協業できることを、心より喜ばしく感じております。クリアコードは、金融、製造、官公庁など多種多様なお客さまのブラウザ環境を支援してきた経験とそこで培った技術力があります。SB C&Sとの協業によって、より多くのお客さまのブラウザ環境の課題解決に貢献して参ります。

株式会社クリアコードについて
2006年の設立以来、ブラウザ関連のさまざまな事業及び各種OSSの開発・カスタマイズ・サポートを展開しています。サービスとしては「企業向けブラウザカスタマイズ・サポート」や「組み込み機器向けブラウザ開発」などがあります。「企業向けブラウザカスタマイズ・サポート」ではMozilla Firefox をはじめとした OSS のブラウザを中心にソースコードレベルでのサポートやカスタマイズを行うことができます。「組み込み機器向けブラウザ開発」ではデジタルサイネージなどの特定の目的に特化した機器へ組み込まれたOSシステムが使用することのできるブラウザの開発を行うことができます。詳細はWebサイト( https://www.clear-code.com/services/)をご覧ください。

●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、このお知らせに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング