【Player!×Outfitter】横浜国立大学サッカー部活生と斉藤泰一郎さんの対談を公開

PR TIMES / 2020年8月31日 16時45分

今、スポーツ界でできること 「Be a Player! PROJECT」

「Be a Player! PROJECT」は、今年ラストシーズンを迎える高校3年生や大学3,4年生に向けて、例年とは違う環境の中、頑張っている部活生を応援するプロジェクトです。Player!はこの想いにご協賛いただいた日本初のスポンサーロゴ付きオリジナルユニフォームを提供するサービス「Outfitter」ご協力のもと、横浜国立大学生とシンガポール初の日本人プロサッカー選手斉藤泰一郎さんとの対談を実現しました。Player!とOutfitterは中長期的にアマチュアスポーツ振興への貢献を目指して参ります。

▼諦めない強い思いが、描く未来を引き寄せる
https://bit.ly/2D2K39Y
スポンサード:Outfitter(イオン・シグナ・スポーツ・ユナイテッド株式会社)

▼Player! iPhoneアプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/id897872395





Player! ×Outfitter



[画像1: https://prtimes.jp/i/13627/356/resize/d13627-356-703187-6.png ]

スポーツスタートアップ企業 ookami は、イオン・シグナ・スポーツ・ユナイテッド株式会社の提供するオリジナルユニフォームをオンラインで提供できるOutfitterのスポンサード企画として、「Be a Player! タイアップ記事」を公開致しました。

コロナ禍で学生スポーツに関わる部活生は試合やシーズン開始が不透明な状況への不安、またモチベーション維持やコントロールに大きく悩みを抱えています。満足にスポーツに力を入れることができない中、ピンチをチャンスに変えるためにどう向き合えばいいのでしょうか。
シンガポール初の日本人プロサッカー選手として活躍後、ガーナやオーストラリアでの選手生活を経て、現在はシンガポールとカンボジアでサッカー事業会社を経営する斉藤泰一郎氏と、横浜国立大学経済学部3年生でサッカー部主将の岩水一史氏が語ります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/13627/356/resize/d13627-356-880394-4.png ]

▼諦めない強い思いが、描く未来を引き寄せる
https://bit.ly/2D2K39Y
スポンサード:Outfitter(イオン・シグナ・スポーツ・ユナイテッド株式会社)


Sponsored by Outfitter:Be a Player! 協賛への想い

Outfitter(アウトフィッター)は部活動をはじめ、チームスポーツに取り組む全ての人を応援すべく誕生したブランドです。企業とスポーツに取り組む方々の繋がりを創出し、スポーツ振興に貢献するが目標です。 部活生の皆さんが、今を、未来を、輝ける様に応援しています。


Outfitter とは


[画像3: https://prtimes.jp/i/13627/356/resize/d13627-356-851176-5.png ]


「Outfitter」は、スポンサー企業のロゴを印字したオリジナルユニフォームを、オンラインで簡単に作成・購入ができる国内初のサービスです。スポンサーロゴを入れると、入れる箇所や個数に応じて最大で本体価格の50%の割引が適用されます。

また、adidasやNIKEなど有名ブランドのユニフォームをベースに、選手名や背番号はもちろん、チームのオリジナルエンブレムを入れることも可能。子どものスポーツチームから部活生、社会人、サポーター、公式戦まで、Outfitterはあなたのチームを応援します。

https://www.outfitter.jp/main?utm_source=player&utm_medium=release&utm_campaign=beaplaye
[画像4: https://prtimes.jp/i/13627/356/resize/d13627-356-811395-2.png ]




「Be a Player! PROJECT」について

夢を叶えるチャレンジを、いまこそ。

[画像5: https://prtimes.jp/i/13627/356/resize/d13627-356-244775-7.png ]

わたしたちはいつも、夢を追う選手たちの姿に涙し、勇気に背中を押されてきました。
ラストシーズンを迎えるあなたの悔しさが、積み重ねてきたあなたの努力が、かけがえのない体験にかわるように。
新しい世界に挑むすべてのプレイヤーのために、「Be a Player! PROJECT」が始動しました。

<プロジェクト概要>
プロジェクト期間:2020年5月1日(金)~
主催:Player!
賛同ブランド:Outfitter/株式会社朝日新聞社/株式会社アシックス/一般社団法人アスリートソサエティ/Atleta(アトレータ)/AGI Sports Creative 株式会社/株式会社NTTSportict/株式会社NTTドコモ/MGスポーツ株式会社/Speedo/スポティノーバ株式会社/SPORTS TECH TOKYO/株式会社TimeTree/タイムリーWEB/株式会社大学スポーツチャンネル/パーソルキャリア株式会社/株式会社マグノリア・スポーツマネジメント株式会社マンダム/一般社団法人パラスポーツ推進ネットワーク(協力団体)
→特設サイトURL: https://web.playerapp.tokyo/be-a-player?pr=2

お問い合わせ先
株式会社ookami ブランドコミュニケーションチーム担当
brandpartner.player@ookamiinc.com


Player!というブランドについて

「この世界に、スポーツダイバーシティを。」

Player!は、誰もが、自分の好きなマイスポーツをつくり、応援できて、盛り上げられるプラットフォームです。この50年間、スポーツ産業はマススポーツ、マスメディア、マススポンサーの三位一体で発展してきました。ファンの少ないスポーツは全国放送に耐えられず、マスメディア中継がなく、マススポンサーがつかず、どんどんマイナースポーツ化していく。マススポーツとマイナースポーツに大きな格差が生まれてしまったのが、昭和と平成の時代でした。必死に頑張っているソフトボール選手やそれを応援しているお母さんにとって、それは本当にマイナーなスポーツなのでしょうか。Player!は、「マススポーツ」ではなく「マイスポーツ」があるライフスタイルを提案します。自分のお気に入りの街をみつけて、その街に住んでみて、そしてその街が好きになって、その街を盛り上げることに貢献するのってちょっと楽しかったりするように。スポーツも、自分ならではのお気に入りのスポーツをみつけて、そのスポーツを好きになり、そのスポーツを盛り上げていくことに貢献できたら楽しいはず。Player!は誰もが自分の好きなマイスポーツをつくり、応援できて、盛り上げられる世界をつくります。この世界に、スポーツダイバーシティを。

→Player! 公式サイト: https://ookami.tokyo
→Player! iPhone版: https://itunes.apple.com/jp/app/id897872395
→Player! ウェブ版: https://web.playerapp.tokyo/
→Player! Twitter: http://twitter.com/player_twi
[画像6: https://prtimes.jp/i/13627/356/resize/d13627-356-786103-0.png ]



ookamiという会社について

株式会社ookamiは、「人」と「情報技術」の調和によって、スポーツの新しい価値を創造する、スタートアップ企業です。現代は情報革命の渦中にあり、テクノロジーの進歩により個人のライフスタイルはまだまだ大きく変わっていきます。伝統的なスポーツエンターテイメントのあり方にもまた、変換点が求められています。ookami はそんなめまぐるしい社会の中、世界のスポーツに革新を起こすべく、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」を開発、運営しています。より豊かなスポーツライフを、スポーツの感動を、世界中の少しでも多くの人々にお届けできるよう、メンバー一同、全力で挑戦をして参ります。

社名:株式会社 ookami / ookami, Inc
本社:東京都世田谷区羽根木1-21-8
代表:尾形 太陽
事業内容:スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」の開発・運営、スポーツ情報インフラの開発・運営
沿革:
2014年4月 株式会社ookami設立
2015年4月 「Player!」iPhone版を正式に公開
2015年12月 App Store Best of 2015 受賞
2016年8月 「Player!」Web版を公開
2016年9月 2016年度グッドデザイン賞を受賞
2019年4月 Forbes Asia Under30で、創業メンバーがAsiaを代表する30人に選出
2019年10月 Forbes JAPAN SPORTS BUSINESS AWARD 2019を受賞
2019年12月 Ruby biz グランプリ2019 特別賞を受賞
[画像7: https://prtimes.jp/i/13627/356/resize/d13627-356-918345-1.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング