【報道参考資料】エボラ出血熱・シエラレオネ 9/19~21戸別訪問キャンペーン実施

PR TIMES / 2014年9月19日 12時13分

国内150万世帯を訪問、予防・感染拡大阻止を啓発



※本信は ユニセフ本部の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に
編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_75963.html ご覧いただけます


【2014年9月18日 フリータウン(シエラレオネ)発】

シエラレオネでは9月19日~21日の3日間、国内の150万全世帯を対象に、エボラ出血熱
に関する公共情報キャンペーンを実施します。本キャンペーンはコミュニティの協力
を得て、エボラ出血熱の感染拡大を阻止することを目指しています。ユニセフは、
シエラレオネ政府が進める本キャンペーンに協力。啓発ツールの提供を含め、技術的
かつ財政的な支援を行っています。

ユニセフ・シエラレオネ事務所代表のローランド・モナーシュは「これまでラジオや
テレビ、印刷物を通じてエボラに関する情報を発信してきましたが、十分行き届いて
いませんでした。これらの情報を、必要とする人たちのもとへ届けなければなりません」
と述べました。

本キャンペーン(The Ose to Ose Ebola Tok)は、現地語で戸別訪問を意味します。
研修を受けた若者やボランティアなど2万8,500人以上が、国内の150万全世帯を訪問し、
家族をエボラ感染から守る方法や感染拡大を防ぐ方法を説明します。

シエラレオネ国内では、エボラによる死亡者が続き、コミュニティが荒廃しています。
エボラを阻止するための十分な医療ケアの提供とともに、予防にあたって必要な
アドバイスや正しい情報、説明を行うことは、極めて重要です。

モナーシュ代表は「本キャンペーンは、住民の方たちがエボラについて何を知って
いるかを把握できる機会でもあります。話を伺い、正しい情報が伝わっていないことが
わかれば、その場で伝えることができます。すべての家庭とコミュニティ、そして
すべての治療センターで、エボラと闘わなくてはなりません」と述べました。


■参考情報:シエラレオネにおけるエボラ出血熱の状況
感染者数累計:1,532名、死亡者数:474名、回復者数:329名

2014年9月16日 シエラレオネ政府発表情報より
http://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/Ebola-Update-September-16-2014.pdf


+ + +

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング