DOCSIS(R) 3.0規格に準拠するケーブル・モデム用ICを発表

PR TIMES / 2013年1月15日 10時37分

~ ケーブルTV向けSTB用ICのノウハウを活かし、次世代マルチメディアおよびインターネット・サービスをサポート ~



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーで、ケーブルTV用
セット・トップ・ボックス(STB)およびホーム・ゲートウェイ用ICの
主要メーカーであるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、
DOCSIS 3.0ケーブル・モデム規格に準拠した新製品ファミリにおける最初の
3製品を発表しました。

2012年9月、DOCSIS 3.0技術のデモを初めて行ったSTは、セット・トップ・
ボックスまたはデコーダ内蔵ゲートウェイ向けのSTiD125(12チャネル対応)と
STiD127(16チャネル対応)、さらにはケーブル・モデムおよびデコーダ内蔵
ゲートウェイを含むデータ・ゲートウェイ向けのSTiD128(16チャネル対応)を
迅速に市場へ展開しました。これらの製品は、DOCSIS 3.0規格に準拠する世界初
の製品と考えられ、16チャネルのダウンリンクおよび4チャネルのアップリンク
を提供し、ダウンストリームで最大800 Mbps、アップストリームで108 Mbpsの
データ速度を実現します。

DOCSIS 3.0は、家庭およびモバイル・エンターテインメントの様式を、従来の
MPEGからIPビデオ配信へと進化させる技術です。非常に高速なデータ転送レート
により、STBとホーム・ゲートウェイが、単一ネットワーク上でビデオと
インターネット・データの統合サービスを提供できる他、屋内のスマートテレビ、
デジタル・ビデオ・レコーダ(DVR)、タブレット、スマートフォン、ゲーム機
等、複数のネットワーク接続型機器を同時利用できるようになります。調査会社
であるIMS社は、DOCSIS 3.0が利用可能になったことで、DOCSIS規格に準拠した
家庭用機器市場が2012年の年間3200万台から2015年には年間4900万台以上へ成長
すると予測しています。

STのDOCSIS 3.0対応技術は、デュアル・コアARM(R) Cortex(TM)-A9プロセッサと
連動し、ルーティング、スイッチング、電話機能を制御します。STのDOCSIS 3.0
規格に準拠した製品は、Orly(STiH416)等の高度なSTB用ICと連係し、ペイTVや
次世代のネットワーク接続型機器で使用されるインターネット・ベースの
サービスに、セキュリティやメディア・サーバ機能を提供します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング