【ホテル日航奈良】節電の夏への取り組み 男性フロントスタッフの制服を半袖シャツに

PR TIMES / 2012年6月25日 11時7分



ホテル日航奈良(奈良市三条本町8-1 総支配人 津秦 幸生)では、 2012年6月7日(金)、電力不足が懸念されるこの夏の節電取り組みとして、昨年より継続して行っている社員スペースの節電と同時に、フロントで働く男性スタッフの夏制服を、半袖パイロットシャツに変更いたしました。

この夏も、関西電力よりビルへの節電要請が来ていることから、バックオフィスの設定温度を上げる、こまめに電源を切る、スタッフから節電アイデアを募集するなど、ホテル日航奈良では積極的に節電に取り組んでいます。
そのような節電の取り組みのひとつとして、今年は新たに制服に着目いたしました。

ホテルマンといえば制服を連想されるように、長袖の上着を着用しているところが多く見受けられます。
ホテル日航奈良も同様、男性スタッフは通常夏も長袖の上着を着用しておりましたが、ホテルらしさを損なわず、暑い中ホテルにお越しいただいたお客様に、見た目からも涼しく感じていただけるよう、また、スタッフ自身も快適に仕事に取り組めるように、半袖パイロットシャツを6月より試験的に導入。ゲストからのお声も好評である為、7月1日より正式に夏制服(毎年6月1日~9月30日)にすることを決定いたしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇ホテル日航奈良について◇
ホテル日航奈良は、2005年7月1日に三井ガーデンホテルからリブランド開業。330室の客室、大小7つの宴会場、レストランなどを完備する奈良最大級のホテル。JR奈良駅直結で、東大寺や奈良公園など観光地までも徒歩圏内という便利な立地。東側の客室からは若草山や興福寺の五重塔などが望める。

住所:630-8122 奈良市三条本町8-1  
アクセス:JR奈良駅西口直結・近鉄奈良駅より徒歩12分
URL:http://www.nikkonara.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング