ホテル阪急インターナショナル開業20周年を機に 客室・宴会場・レストランのリニューアルを実施  2012年2月より3期

PR TIMES / 2012年2月20日 14時58分



 株式会社阪急阪神ホテルズ(本社:大阪市北区 代表取締役社長:山澤倶和)では、フラッグシップホテルであるホテル阪急インターナショナルを3期にわたりリニューアルし、競争力を高めます。

 工期は20周年を迎える2012年2月より3期にわたり、総投資金額は10億円です。

 このリニューアルは2012年11月にホテル開業20周年を迎えるにあたり、進化を続ける大阪・梅田エリアにおいて、ハード面の価値向上により競争力を強化することで梅田北ヤードとの融合をも図るものです。

 現状のコンセプト「北イタリア地方の貴族の邸宅」を踏襲しつつ「ヨーロピアン・トラディショナル」を基本テーマに、宿泊・レストラン・宴会場をリニューアルいたします。

 内容は以下のとおりです。

◆主な予定◆
2011年度:・客室改装88室、鉄板焼・中国料理レストランをリニューアル
     ・高層階にブライズルームを13室新設
2012年度:・客室改装40室
     ・大・中宴会場、バイキングレストランをリニューアル
2013年度:・客室改装40室 (客室全室完了)

※写真1.:新設のブライズルームイメージ
※写真2.:西洋と東洋の融合を思わせる空間 25階「アトリウムロビー」

------------------------------
この件についてのお問い合わせは
株式会社阪急阪神ホテルズ ホテル阪急インターナショナル広報担当:永冨健一・本田梨絵
〒530-0013 大阪市北区茶屋町19-19
TEL:(06)6377-3608/FAX(06)6377-5715
e-mail: r-honda@hankyu-hanshin-hotels.com
※記載の写真データをご用意しております


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング