1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

資料展「グルメだった縄文人」豊橋市中央図書館にて展示中!

PR TIMES / 2023年11月17日 16時40分

東三河の縄文時代が分かる資料展が~11月26日、豊橋市中央図書館2階展示コーナーで開催しています。



縄文人はどうやって食べ物を調理していたのかご存知ですか?


[画像1: https://prtimes.jp/i/25583/362/resize/d25583-362-3ba637876ddf8fb683c2-6.jpg ]

現代の調理方法は


1.焼く
2.ゆでる
3.煮る
4.炒める
5.炊く
6.和える
7.蒸す
8.揚げる
と、大きく8つに分けられます。

旧石器時代は


 生食が基本であったため、1.焼く(いぶす)ことで調理したものと推測されています。

しかし、縄文人は


写真:縄文土器/モリ下遺跡(新城市) 愛知県埋蔵文化財センター蔵
[画像2: https://prtimes.jp/i/25583/362/resize/d25583-362-7efab48023e38e5e8d8b-0.jpg ]

 縄文土器という画期的な発明をしました。その効果で2.ゆでる、3.煮る、4.炒める、5.炊く、6.和えるという調理法を生みだし、食生活が大きく変わりました。

縄文時代の東三河は…


写真:石匙/観音前遺跡(新城市) 新城市教育委員会蔵
[画像3: https://prtimes.jp/i/25583/362/resize/d25583-362-c38d0edd89541dff86ea-0.jpg ]

 私たちが住む東三河は、豊川が流れ、太平洋や三河湾という魚介類が豊富な海浜部があります。また、赤石・木曽山脈の山地には落葉樹林帯が広がって主食となった木の実がなり、シカ・イノシシなどの動物がたくさん生息していました。このように海の幸・山の幸が豊富な場所がある東三河の縄文人は、食材を調理して豊かな食生活を送っていました。

資料展 「グルメだった縄文人 ~海と山~ 東三河の縄文時代」


 本展では、調理具としての縄文土器や石匙(いしさじ)など、食べられた貝や魚、動物など、東三河の遺跡から出土した資料を展示し、縄文人の食生活を紹介しています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/25583/362/resize/d25583-362-2c9e5563a299b40bb53a-3.png ]

開催期間:~11月26日(日)
展示場所:豊橋市中央図書館(豊橋市⽻根井町48)2階展示コーナー
開館時間:9:30~19:00(土・日曜日、祝日は17:00まで)
休館日:毎週月曜日、11月24日(金)
入場料:入場無料
TEL 0532-31-3131
詳しくはホームページをご確認ください。
URL http://www.library.toyohashi.aichi.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください