【ホテルオークラ東京】Events & News Vol.4

PR TIMES / 2014年8月28日 10時56分

≪ホテルオークラ総料理長 小野正吉ー作家 宇田川 悟・刊行記念特別講演会とグランドウェディングフェア≫

◆『ホテルオークラ総料理長 小野正吉 ―フランス料理の鬼と呼ばれた男』 
作家 宇田川 悟・刊行記念特別講演会―9月15日(月・祝)
◆グランドウェディングフェア―9月23日(火・祝)



『ホテルオークラ総料理長 小野正吉 ―フランス料理の鬼と呼ばれた男』作家 宇田川 悟・刊行記念特別講演会
2014年9月15日(月・祝)受付 13:30~/講演 14:00~15:30


ホテルオークラ東京では、書籍刊行(柴田書店)を記念し、パリ在住時に小野正吉と交流し、『東京フレンチ興亡史』『フレンチの達人たち』など数多くの著書を通じて日本におけるフランス料理の受容・発展をみつめてきた著者・宇田川 悟が、人間・小野正吉をクローズアップし、「執念の人」である氏の実像に迫ります。

【開催概要】
講演日: 2014年 9月15日(月・祝)
     受付 13:30~ /講演 14:00~15:30
会 場: コンチネンタルルーム  本館1階
料 金: お一人様 ¥4,000
     (講演会/ティーまたはコーヒー&ケーキ/書籍代込)
ご予約・お問い合わせ: イベント予約係
TEL:03-3224-7688(10:00~17:00 月~金/祝日を除く)
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/special/ono/#kou

【小野正吉(1918~1997)】
エスコフィエの古典からポール・ボキューズのヌーベル・キュイジーヌまでフランス料理の真髄を日本に導入し、現在の隆盛を築き上げたホテルオークラ総料理長
■経歴■
1918年生まれ。1936年(株)ホテルニューグランド入社。ブリヂストンアラスカ、コックドール等を経て、1961年大成観光(株)(現:(株)ホテルオークラ)調理部次長に就任。その間、フランス・アメリカのホテルにて研修。1969年ホテルオークラ取締役調理部長(総料理長)、1981年ホテルオークラ常務取締役(総料理長)、1989年ホテルオークラ専務取締役(総料理長)に就任。1997年3月6日逝去。

■作家:宇田川 悟■
1947年、東京都生まれ。作家。早稲田大学政治経済学部卒業。フランス政府農事功労章シュヴァリエを受章、ブルゴーニュワインの騎士団、シャンパーニュ騎士団、コマンドリー・ド・ボルドー、フランスチーズ鑑評騎士の会などに叙任。著書に『食はフランスに在り』(小学館ライブラリー)、『パリの調理場は戦場だった』(朝日新聞社)、『ニッポン食いしんぼ列伝』(小学館)、『ヨーロッパワインの旅』(ちくま文庫)、『東京フレンチ興亡史―日本の西洋料理を支えた料理人たち』(角川oneテーマ21)、『料理人の突破力―石鍋裕・片岡護・小室光博が語る仕事と生きかた』(晶文社)など多数。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング