バッテリー交換不要のビーコンを開発、供給開始

PR TIMES / 2019年8月7日 13時40分

世界最高レベルの発電効率を実現した色素増感太陽電池を搭載



[画像: https://prtimes.jp/i/12900/367/resize/d12900-367-734877-0.png ]


シャープは、世界最高レベルの発電効率を実現した色素増感太陽電池を電源とする、バッテリー交換不要のビーコンを開発しました。位置情報を提供するさまざまなサービス事業者への供給を通じて、本製品のマーケティングを進めてまいります。第一弾として、本製品を清水建設株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:井上 和幸)の屋内外音声ナビゲーションサービスに向け7月末に納入しました。

ビーコンは、位置情報信号を無線通信Bluetooth(R)などで発信する機器です。これを受信するスマホやタブレットなどの端末の位置を測定することにより「ナビゲーションサービス」などのシステムに使われます。ビーコンはGPS(Global Positioning System/全球測位衛星システム)の電波が届きにくい屋内や地下施設において、スマートフォンなどを用いた位置情報案内サービスや店舗からのクーポン配信などに広く活用されつつあり、今後、さらなる需要拡大が見込まれています。「ナビゲーションサービス」に応用すると、対応アプリケーションをインストールしたスマートフォンを携行する歩行者は、GPSの電波が届かない場所でも目的地までスムーズに移動することができます。

これまで、ビーコンの多くが1次電池を搭載していることに加え、電波の減衰を防ぐためビーコンを地上2m程度の高所に設置する必要があることなどから、電池交換などの定期的なメンテナンス作業が発生するという課題がありました。当社は、世界最高レベルの変換効率を持つ色素増感太陽電池を電源として採用することで電池交換を不要とし、この課題を解決しました。

■ 主な特長
1.50lx程度の低照度でも安定的に動作
2.オフィス空間にマッチするデザイン
3.メンテナンス作業が不要

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング