ケイブの最新シューティングタイトルが早くもサントラ化!「怒首領蜂最大往生/DODONPACHI MAXIMUM」サントラCD、期間限定で受注生産を決定

PR TIMES / 2012年4月23日 16時1分



株式会社ケイブ(本社:東京都新宿区、JASDAQ コード:3760)は、最新シューティング2タイトルの楽曲を収録した「怒首領蜂最大往生/DODONPACHI MAXIMUM オリジナルサウンドトラック」を、期間限定での受注生産商品として発売いたします。

■最新シューティングタイトル、2作品の楽曲が楽しめる!
 4 月20 日(金)より稼働開始した業務用シューティングゲーム「怒首領蜂最大往生」と、現在Windows(R) Phone マーケットプレイスにて好評配信中のシューティングゲーム「DODONPACHI MAXIMUM」の楽曲、2 作品分を1つのパッケージにまとめました。「怒首領蜂最大往生」の楽曲制作を担当したのは、「怒首領蜂大往生」「怒首領蜂大復活」など、ケイブシューティングではお馴染みの、並木学氏(ベイシスケイプ)。「DODONPACHI MAXIMUM」の楽曲は「怒首領蜂大往生」「怒首領蜂大復活」からの人気曲をアレンジしたものとなっており、WASi303 氏に制作を担当していただきました。予約受付ページでは、収録内容の詳細を公開しております。一部楽曲の試聴もできますので、ぜひチェックしてみてください。

■ボーナストラックには「怒首領蜂」のアレンジ楽曲も!
2作品のサウンドに加え、なんと!ボーナストラックとして、「怒首領蜂」のアレンジ楽曲も収録いたします。このアレンジ楽曲は、未だ世に出たことのない未発表のもので、このサウンドトラックにおいて、みなさまにはじめて公開されることとなります。ケイブシューティングのファンは必聴です!

■アートセレクションと凪良氏描き下ろしの特製ケースもついた豪華仕様!
 CDの他、「怒首領蜂最大往生」のアートセレクション(24ページ)も付属! CDと一緒に特製ケースにおさめています。 特製ケースのイラストは、「怒首領蜂最大往生」のキャラクターデザインを担当した人気イラストレーター凪良氏に、特別に描き下ろしいただきました!ボリューム感満載の豪華仕様です。

■商品概要
商品名 : 怒首領蜂最大往生/DODONPACHI MAXIMUM オリジナルサウンドトラック
(どどんぱちさいだいおうじょう/どどんぱちまきしまむ おりじなるさうんどとらっく)
価 格 : 4,500円(税込) ※送料が別途必要となります。
仕 様 : CD 2枚組/ブックレット8P/アートセレクション 24P/三方背ケース入り
・Disc1 全15トラック(未使用曲・ボーナストラック含む)
怒首領蜂最大往生 
・Disc2 全25トラック(ボーナストラック含む)
DODONPACHI MAXIMUM
怒首領蜂アレンジバージョン(ボーナストラック)

■販売方法
「ケイブゲームグッズオンラインショップ」での限定受注生産となります。
最新の情報は商品の予約受付ページをご確認下さい。

・予約受付ページURL ※一部楽曲の試聴が可能です
http://www.cave-shop.jp/fs/caveshop/cvst0023

・ケイブゲームグッズオンラインショップURL(PC・ケータイ共通)
http://www.cave-shop.jp/

予約期間 : 2012年4月25日(水)正午~5月6日(日)23:59 予定
商品お届け : 2012年5月下旬予定

■商品のコピーライト
(C)2012 CAVE Interactive CO.,LTD. (C)Index Corporation

--------------------------------------------------------------------------------
*Microsoft、Windows、Xbox、Xbox 360、Xbox LIVE、Xbox 関連ロゴは米国 Microsoft Corporation および/またはその関連会社の商標です。
*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
*画像掲載時にはコピーライトの表記をお願いいたします。

■株式会社ケイブ
株式会社ケイブは、「ケイブが創ると未来はもっと楽しくなる」というコンセプトのもと、モバイル、コンピューター向けのゲームを通じたオンラインエンターテインメント事業を展開し、世界の人々に対し豊かで魅力的なライフスタイルを提案してまいります。 (http://www.cave.co.jp/)


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング