情報球儀『WORLDEYE(ワールドアイ)』が 第8回 キッズデザイン賞上位賞「TEPIA特別賞」を受賞!

PR TIMES / 2014年8月5日 14時58分



株式会社学研ホールディングス(東京・品川/社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研ステイフル(東京・品川/社長:脇田 誠)は、このたび『WORLDEYE(ワールドアイ)』で、「第8回キッズデザイン賞上位賞 TEPIA特別賞」(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会)を受賞いたしました。

『WORLDEYE(ワールドアイ)』は、ご家庭でリアルな映像の世界を体感いただくことで、知的好奇心を育んでいただけるようにと開発に取り組んだ商品です。
今回の受賞を契機に、今後も多くの皆様にご満足いただけるような製品開発に尽力してまいります。

なお、学研グループでは、学研教育出版の図鑑「ほんとのおおきさシリーズ」が同「経済産業大臣賞」を受賞。また学研ココファングループ、学研教育みらい、学研エデュケーショナルもキッズデザイン賞を受賞しており、グループ全体のサービスやものづくりが高く評価された結果となりました。


受賞作品名:WORLDEYE(ワールドアイ)

受賞作品概要: 地球儀のような形をしたドーム型スクリーンに、さまざまな映像を映し出すことができる情報球儀です。初めて体験する曲面映像は、平面で見る映像とたく異なる、吸いこまれそうな驚きのリアル感をもたらします。球体からあふれだす鮮やかな世界が、見る人を魅了します。使い方や遊び方は画像の数×人類の数=無限大!! 今までに見たことが無い新感覚を体感いただくことができます。

収録情報は「地球(16コンテンツ)」「太陽系・銀河系(16コンテンツ)」「星座(16コンテンツ)」「アクア(4コンテンツ)」の52コンテンツ。リアルなビジュアルとナレーションが知的好奇心を刺激する映像や、癒しを感じられるインテリア性の高い映像が生み出す美しい世界を、ご家庭で気軽に体感いただくことができます。

さらにHDMIケーブルでスマートホン・パソコン、タブレットなどと接続すれば、お持ちの映像を楽しむことも可能です。

審 査 評:球体のディスプレイで美しく立体的に見えるよう機構や材料を工夫し、地球や宇宙、水中生物など多彩なコンテンツで子どもの感性や創造性を育む。

自分で撮った映像やPCやスマートフォンからの出力も可能で、科学や技術の学びに生かせるコンテンツへの展開も期待できることから、TEPIA特別賞にふさわしいものと評価した。


キッズデザイン賞とは
キッズデザイン賞は、「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」そして「子どもたちを産み育てやすいデザイン」というキッズデザインのミッションを実現し、普及するための顕彰制度です。乳幼児用品や玩具などの子ども向けの製品・サービスに限らず、大人向けのものでも、子どもに対する配慮がなされた良質な商品や施設、プログラム、調査研究活動などを幅広く募集します。受賞作品には、「キッズデザインマーク」の使用が認められます。NPOキッズデザイン協議会が主催しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング