子宮頸がん予防啓発プロジェクト『Hellosmile Live 2014 Spring』初の福岡開催‼ May J. 同世代女性に検診呼びかけ&ハローキティとライブ初共演!

PR TIMES / 2014年4月10日 18時23分

4月20日(日)19:00~19:55 TOKYO FM & FM FUKUOKAで特別番組放送

2010年より子宮頸がん予防啓発プロジェクト『Hellosmile』を展開しているTOKYO FM/ハロースマイル実行委員会では、2014年4月9日(水)の“子宮頸がん予防啓発の日”に、福岡市のZepp Fukuokaにて、May J.が出演する『Hellosmile Live 2014 Spring』を開催いたしました。
春・秋に東京で啓発ライブを開催してきて8回目。今回は全国に展開を広げ、初の福岡での開催となりました。若い女性に急増している子宮頸がんの予防啓発を呼びかけるため、同世代女性を代表してMay J.が、会場に集まった1100人(事前応募制無料招待)のリスナーに向け、歌とトークでメッセージを発信しました。
この模様は、4月20日(日)19:00~19:55『サンデースペシャル Hellosmile Live 2014 Spring(仮)』にて、TOKYO FMとFM FUKUOKAの2局ネットで放送いたします。




≪May J.ライブ&トーク≫
May J.は、Hellosmileのテーマカラーにあわせオレンジ色のワンピースで登場。「ハナミズキ」(一青窈)、「元気を出して」(竹内まりや)などのヒット曲のカバーや、映画「アナと雪の女王」主題歌として大ヒット中の「Let it Go~ありのままで~」など全7曲を披露し、圧倒的な歌唱力で会場を魅了しました。ラストの曲「Believe」では、ステージにHellosmileのキャラクター・ハローキティが登場。キティのダンスとともに、会場を盛り上げました。
ライブ後には、ハロースマイル実行委員会副実行委員長・小巻亜矢と共にトーク。May J.は、「福岡が大好き。博多ラーメンやもつ鍋はコラーゲンたっぷりで喉に良さそうですし、めんたいこも普段から朝食によく食べます」と意外な一面を披露。また、「私も今25歳で同世代の友達も多い。自分には直接は関係のないことと思ってきたけれど、今回の出演をきっかけに私も検査を受けてきました。友人たちにも薦めていきたいです」と予防の重要性を呼びかけました。

≪子宮頸がん予防啓発トークショー≫
ライブに先立ち、厚生労働省元がん対策推進官(現・健康局総務課課長補佐)林修一郎氏、4月20日放送の特別番組で
MCを務めるTOKYO FM「ディア・フレンズ」(JFN系全国38局ネット)パーソナリティ・坂本美雨も、それぞれトークを展開しました。坂本美雨は先月に子宮筋腫の手術を受けていたことを語り、「5年ほど検診を怠っていた間に筋腫が大きくなっていて、手術することになったんですが、家族のサポートもあり、すっかり元気です。手術前は不安もありましたが、ちゃんと自分の身体のことを知り、向き合うことができてよかったと思っています。検診に行くのは勇気がいるけれど、その後の安心のほうが大きいので、ぜひ行って欲しい。番組『ディア・フレンズ』でも、この活動を応援していきたいです」と実体験を交えて語って下さいました。
《来場者に募金の呼びかけ》
イベント終了後には、May J.とハローキティがロビーに立ち、来場者に募金の呼びかけを行いました。この募金と、ライブ会場で販売されたハロースマイルロゴ入りオリジナルグッズ(ミニマスコットやマフラータオルなど)の収益の一部は、子宮頸がん予防啓発活動と日本対がん協会 子宮頸がん基金および国連人口基金(UNFPA)に寄付いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング