日本エイサー Chromebook C720ついに上陸! 2014年11月13日(木)より一般販売を開始

PR TIMES / 2014年11月11日 11時36分



日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、Google Chrome OSを搭載したノートパソコン「Acer Chromebook C720」を、2014年11月13日(木)にコンシューマー向けに一般販売を開始いたします。 今年7月に、教育機関・法人向け限定で日本でのChromebookの先行販売を開始し、この度、一般消費者からのご要望にお応えし、コンシューマー向けに販売することが決定いたしました。


◎Acer Chromebook C720の製品特長
■常に最新の状態を保持するChrome OSを搭載
手動アップデートやウィルス対策ソフトが不要なGoogleが開発したChrome OSを搭載。Chrome OSは常に最新バージョンにアップデートされ、利用中のすべてのアプリも自動で最新バージョンにアップデートされます。

■インテルプロセッサーがChromebookの高い処理性能と省電力に寄与
インテル Celeronプロセッサーの優れたパフォーマンスがストレスのない動作を実現します。また、省電力設計のため、最大で8.5時間の長時間バッテリーライフを実現しました。

■大容量4GBメモリ
4GBのシステムメモリにより、マルチタスクを安定した高パフォーマンスで処理します。

■7秒以下の素早い起動
Acer ChromebookはChrome OSにファインチューンされており、SSDとの組み合わせでいつでも7秒以下で起動し、動作速度もほとんど変わることはありません。

■これまでになかった強固なセキュリティ
サンドボックス、データ暗号化、セキュアブートなど、マルチセキュリティを内蔵しています。

■GoogleドライブとWebアプリでドキュメントの閲覧、編集、作成
Googleドライブでオフィスドキュメント、スプレッドシート、プレゼン資料、線画をオンラインまたはオフラインで閲覧、編集、作成が可能です。また、他のファイルの連携や共有も可能です。

リリースページ
http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/press/2014/104046
製品ページ
http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/model/NX.EESSJ.001

■ Acerについて
1976年の設立以来、Acer はハードウェア+ソフトウェア+サービスカンパニーとして、人々の生活を豊かにする革新的な製品の研究、デザイン、マーケティングおよび販売とサポートを行っています。製品レンジはパソコン、ディスプレイ、プロジェクター、サーバー(国内未発表)、タブレット、スマートフォン(国内未発表)と幅広く、限界を超えて挑戦を続ける人々に欠かせない製品を提供しています。
Acer は、グループ全体でおよそ7,400人の従業員を数え、グローバルマーケットにおけるパソコン全体売上シェアは第4位(出展:IDC 2013)、2013年度の売上は120.02億米ドルを達成しています。
詳細は、www.acer.co.jpをご覧ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング