アイドリングストップ車※1など対応車種を拡大!カーバッテリー寿命判定ユニット「ライフ・ウィンク」をリニューアル-寿命、車両異常、充電不足などを高精度に診断・判定-

PR TIMES / 2012年9月28日 10時15分



パナソニックストレージバッテリー株式会社は、アイドリングストップ車など対応車種を拡大して、カーバッテリー寿命判定ユニット「LifeWINK(ライフ・ウィンク)」を2012年10月初旬よりリニューアル発売します。

▼カーバッテリー商品情報
※新製品に関するホームページ掲載は10月8日以降を予定しています
http://panasonic.jp/car/battery/

▼パナソニックの「Blue Battery(ブルーバッテリー)」取扱店の検索はこちら
http://panasonic.jp/car/battery/search/index.html

【新商品について】
品名:LifeWINK
品番:N-LW/P4
メーカー希望小売価格:オープン価格
発売日:2012年10月初旬

カーバッテリーは、寿命末期まで高い性能を発揮する特性を保ちますが、寿命が近づく使用3年目以降、「バッテリー上がり」を起こす可能性が高くなります。また、「車内電装機器による過放電」や「車両側(充電系)の異常による電力供給不足」などにより、「バッテリー上がり」を起こすこともあります。これらのトラブルを予防するためには、正確なバッテリー診断、適正な時期でのバッテリー交換が重要です。カーバッテリー寿命判定ユニット「LifeWINK」は、バッテリーの状態を常時検知し、また高精度な寿命判定ができるため、寿命末期までバッテリーを使用することが可能となり、無駄なバッテリー交換を防ぐことができます。環境面だけでなく経済面でのメリットにもつながります。

当社では、一般ユーザー向けの商品として、2006年に初代「LifeWINK」を発売しています。今回の商品リニューアルでは、アイドリングストップ車など対応車種を拡大し、さらに多くの車両のバッテリー診断が可能となりました。

パナソニックは、創業100周年ビジョンである「環境革新企業」を目指し、これからも環境に配慮したカーバッテリーおよび関連商品の開発、商品化を進め、環境負荷の削減に貢献していきます。


【特長】
1.アイドリングストップ車・ディーゼル車※2・業務車※2にも対応車種を拡大
従来の一般車両に加え、アイドリングストップ車、ディーゼル車(12V)、業務車(12V)に搭載されているパナソニック製カーバッテリーにも取り付けができるようになりました。
2.バッテリー寿命、車両異常(充電系)、充電不足など、カーバッテリーの高精度寿命判定が可能
1)カーバッテリーの寿命を判定
エンジン始動時の電圧を測定し、寿命を5段階のLED表示でお知らせします。新品時のエンジン始動電圧を記憶し、それを基準に劣化判定をおこなうため、車種毎の高精度な判定を可能にしました。
2)車両の異常判定
走行中の電圧状態を検知することにより、車両側(充電系)からの電気供給状態を常に監視し、車両側(充電系)の異常を検知、LEDでお知らせします。
3)充電不足判定
ヘッドライトの消し忘れなどによる単なる放電時(再度充電し使える状態)には、充電不足LEDが点灯します。これらの判定により不要なバッテリー交換を防止し、安心かつ経済的に寿命末期までご使用いただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング