TVアニメ『FAIRY TAIL』ファンミーティング「FAIRY TAIL 竜王祭 2014」 開催レポート

PR TIMES / 2014年4月3日 18時16分

2014年4月、テレビ東京系にてTVアニメ『FAIRY TAIL』の新シリーズがスタートします。
それに先駆けて、3月30日、東京・東劇にて、ファンミーティング「FAIRY TAIL 竜王祭 2014」が開催されました。
当日は、原作者・真島ヒロさん、アニメ主要キャスト、豪華ゲストが登壇し、満場のファンの熱気に沸き上がりました。



あいにくの荒天となった3月30日。東京、東劇で「FAIRY TAIL 竜王祭 2014」が行われた。放送終了から1年、4月からついに待望の新シリーズがスタートするTVアニメ『FAIRY TAIL』(講談社「週刊少年マガジン」連載中)のファンミーティングだ。4月5日午前10:30より放送の新シリーズ第1話である176話の先行上映と原作者、真島ヒロ先生、主要キャストのほか豪華なゲストのトークショウという盛りだくさんの内容がアナウンスされていた。

 登壇者は原作者、真島ヒロ先生、ナツ・ドラグニル役、柿原徹也さん、ハッピー役、釘宮理恵さん、エルザ・スカーレット役、大原さやかさんのほか、シークレットゲストとしてラクサス・ドレアー役、小西克幸さんも緊急参戦。司会はラジオパーソナリティ、イベント司会でおなじみの鷲崎健さん。

 イベントは第176話「竜の王」の上映からスタート。大魔闘演武のさなかに放送が終了してしまった前シリーズの後をうけ、「剣咬の虎」(セイバートゥース)戦直後から物語が始まる。絶対存在であるアクノロギア誕生の秘密や、エクリプス計画など物語の核心や新たなる謎に触れる序章となっていた。

 先行上映のあとは、「緊急依頼 竜王祭の謎を解け 報告レポート」と題されたトークショウ。登壇者に「大魔闘演武に出場する魔導士のなかで好きな魔導士は?」や「好きな名台詞は?」など普段は聞けない本音(?)が垣間見える質問を投げかけるもの。ちなみに真島先生は「よく、似ている」と言われる「青い天馬」(ブルーペガサス)の一夜(いちや)、大原さんは「剣咬の虎」(セイバートゥース)のフロッシュ、小西さんは妖精の尻尾(フェアリーテイル)のミラジェーンがお好きとのこと。柿原さんお好みの名台詞は「ハッピーは乗り物じゃねぇよ。「仲間」だろ?ひくわー」、釘宮さんは「あい!!」でした。

 さらにアフレコ現場の取材風景や、ルーシィー・ハートフィリア役平野綾さんからのビデオメッセージに続いて、ナツ、ハッピー、エルザの3人による次回予告の生アフレコ、会場に来場されたファンからの質問に答えるコーナーなどイベントは進行していく。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング