【プレスリリース】10月24日は「世界ポリオデー」 根絶まであとわずか、常在国は3カ国

PR TIMES / 2014年10月24日 10時19分

最大のポリオワクチン調達機関、ユニセフ



【2014年10月23日 ニューヨーク発】

世界がポリオ根絶に集中的に取り組んで26年。10月24日の「世界ポリオデー」にあたり、
ユニセフは、以前であればポリオの予防接種を受けられなかった、世界中の数百万人の
子どもたちが予防接種を受けられるようになり、ポリオのリスクから守られていると
発表しました。もしこのキャンペーンが行われていなければ、約1,000万人がポリオに
感染し、四肢麻痺になっていたと推定されています。また、免疫力を高めるビタミンAの
投与とポリオ予防接種を定期的に受けられるようになり、150万人の命が守られるように
なりました。

26年前の1988年、世界では年間35万人がポリオに感染していましたが、2013年には年間
416人までに減少、今年はこれまでに243人の感染が確認されており、減少率は99%以上
となります。現在、ポリオ常在国となっているアフガニスタン、ナイジェリア、
パキスタンの3カ国以外で、ポリオは根絶されました。26年の間に、複数国でポリオ感染
が確認されていますが、封じ込めに成功しています。


ユニセフ事務局長のアンソニー・レークは「1988年、ポリオは子どもに障がいを及ぼす
最大の要因でした。それ以降、各国で取り組みが進み、現在では、ポリオ感染の不安を
感じることなく、子どもたちは成長できるようになりました」と述べました。

さらに「根絶へ向けた取り組みを成功へ導いたのは、最も危険な環境下の最も厳しい
状況にあるコミュニティにも、ポリオ予防接種を実施したことです。すべての子ども
たちに予防接種を行うことが可能だということを、証明したのです。我々が描いている
最も野心的かつ大胆な目標の達成まであとわずかです。達成は可能ですし、達成
しなければなりません」と続けました。

常在国のナイジェリアでは、2013年49人の感染が確認されましたが、今年は現時点で
6人となっています。アフガニスタンでは感染が減少しており、感染の多くは隣国
パキスタンに関係するものです。パキスタンは現在最も感染者が多く、今年すでに
206人の感染が報告されています。

ポリオ常在国は3カ国であるものの、南スーダンや中央アフリカ、ウクライナのように
定期的な予防接種が実施できていない国々では特に、子どもたちが感染のリスクに
さらされ続けています。さらに、シリアやイラク、カメルーン、赤道ギニア、ソマリア
などで確認された感染は、常在国であるパキスタンやナイジェリアと関係があります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング