第5回『現役秘書500人アンケート調査』

PR TIMES / 2014年2月26日 18時46分

命をかける献身タイプ“軍師 黒田官兵衛”は現代にも存在する? “戦国の秘書”6タイプで見る現役秘書の実態

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)が運営する秘書のためのサポートサイト『こちら秘書室』(http://secretary.gnavi.co.jp/) では、接待・会食などの大切なビジネスシーンで利用できる飲食店情報や実務に活かせるスキルアップセミナー等を開催し、秘書会員をサポートしております。

ぐるなびでは、今回、今年のNHK大河ドラマの主人公、“戦国の名秘書役”黒田官兵衛にちなんで、現役秘書約500人を対象に「秘書の業務」について意識調査を実施しました。その結果、秘書はプライベートの時間を犠牲にしてでも、ボスの成功を第一に考え、フォローに徹するまさに“現代の黒田官兵衛”の姿が浮かび上がってきました



【調査概要】
■調査方法:インターネット調査
■調査期間:2014年1月16日(木)~1月22日(水)
■調査対象: 秘書業務に従事している男女
■サンプル数:485人(男性83人、女性402人)

ボスのためには・・・ボスのためにプライベートの時間を犠牲にしたことがある人は8割以上!犠牲にできる予定は「会社の同僚・先輩との約束」
【黒田官兵衛 エピソード1】
荒木村重が織田信長に謀反を起こした際、織田方の官兵衛は命がけで、荒木村重の居城・有岡城に乗り込み、説得を試みた。しかし、官兵衛は捕えられ、一年間も監禁されてしまう。これにより、官兵衛は貴重な月日と、片足の自由を犠牲にしてしまった。
そこで・・・

[Q1] .あなたはボスのためにプライベートの時間や予定を犠牲にしたことがありますか。(n=428)


ボスのためにプライベートの時間や予定を、実際に犠牲にしたことがあるかどうかを尋ねたところ、あると答えた人は82.5%に達しました。さらに、もしプライベートの予定がある日に、上司から急な仕事を頼まれたときには、半数の人(215人・50.2%)が、仕事を優先するとしています。

[Q2] あなたがボスのために犠牲にできる予定をお答えください。(n=428 複数回答)


また、ボスのために犠牲にできる予定は、「会社の同僚・先輩との約束」が7割強で、次いで「友達との約束」が61.7%と、プライベートな知人関係をあげる人が多数であることから、秘書の多くは自分の時間・人間関係を削ってまでボスに尽くしている様子がわかります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング