住宅ローンにおける団体信用生命保険の新特約追加のお知らせ

PR TIMES / 2020年7月15日 11時40分

 ソニー銀行株式会社(代表取締役社長:住本 雄一郎/本社:東京都千代田区/以下 ソニー銀行)は、2020年8 月1日(土)より、住宅ローンのがん100%保障が付いた3 種類の団体信用生命保険(以下、団信)(*1)にあらたな特約である「がん先進医療給付特約」を追加いたしますのでお知らせいたします。

 がん先進医療給付特約は、がん診断保険金が支払われることとなったがん(悪性新生物)の診断確定をされた日から1年の間に、そのがんを直接の原因とした先進医療による療養を受けた場合、先進医療に係る技術料を通算で1,000万円まで(*2)保障いたします。なお、本特約の追加にあたり、上乗せ金利の変更はございません。

 がん100%保障が付いた3 種類の団信は、これまでもがん診断給付金、上皮内がん・皮膚がん給付金が付帯されており、がんの保障を充実させています。がん先進医療給付特約の追加によりがんの保障をさらに充実させ、住宅ローンのご返済に対してご安心いただけるようサポートいたします。

 保障特約付き団信の詳細につきましては、サービスサイトの団体信用生命保険(団信)をご覧ください。

 今後もソニー銀行は住宅ローンをご利用いただくお客さまの利便性向上を図るとともに、多様なニーズにお応えしてまいります。

(*1)がん100%保障が付いた団信は、「がん団信100(金利上乗せ:0.1%(年利))」「3 大疾病団信(金利上乗せ:0.2%(年利))」「生活習慣病団信(金利上乗せ:0.2%(年利))」の3 種類(いずれも引受保険会社はクレディ・アグリコル生命保険株式会社)です。
(*2)1 回の先進医療につき500万円が限度となります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング