「JTB海外航空券」サイトにて、フィンエアーとタイアップキャンペーンを実施

PR TIMES / 2014年12月1日 17時37分

JTBグループのe-コマース事業を担う、株式会社i.JTB(本社:東京都品川区 代表取締役社長:今井敏行)では、JTBホームページで、成田・名古屋・大阪発のフィンエアー航空券を購入されたお客様を対象に、5,000クルーポイント(5,000円相当)を還元するキャンペーンを実施します。

本キャンペーンは、2014年6月から9月まで実施した前回のキャンペーンを拡充し、新たに大阪発を追加。フィンエアーの日本発着路線全て(コードシェア便は除く)が対象となります。出発月は、学生旅行など春休みを中心として需要が増える3月出発までとしました。

JTBホームページにおけるヨーロッパの予約数は、第4四半期で前年比4割増と好調に推移する中、バルセロナやプラハなど直行便が飛んでいない都市の需要が伸びています。本キャンペーンページでは、このような都市に行く場合にフィンエアーが便利な理由と、12月から導入されるエコノミーコンフォートをご紹介いたします。

<日本-ヨーロッパ間を最短最速で>
ヨーロッパへの効率的な飛行ルートを考えたとき、その玄関口となるのがヘルシンキ。フィンエアーは日本-ヘルシンキ間を所要時間9時間45分(復路)で結び、日本-ヨーロッパ間を最短最速で結びます。また、「ヘルシンキ・ヴェンダー空港」は空港自体がコンパクトで乗り継ぎ時間が短いのが特徴です。
※1.パリ・ロンドンなどの大都市空港の乗り継ぎ時間が概ね1時間必要であることと比較し、ヘルシンキの最低乗り継ぎ時間は35分(乗り継ぎ時間は目的地、利用便によって異なります)

<エコノミーコンフォート導入>
ヨーロッパなどの長距離路線を中心に、各航空会社が導入を進める上級エコノミークラス。JTBホームページでは上級エコノミーやビジネスクラスといった、ゆとりのある旅行の申し込みが60代以上の方を中心に増加傾向にあります。フィンエアーが2014年12月16日より導入するエコノミーコンフォート(有料)では、足元スペースが通常のエコノミーより7センチ以上広く、より快適なヘッドレスト、高性能ヘッドフォン、パーソナルアメニティキットをご提供する他、優先搭乗・優先降機のサービスをご利用いただけます。

<フィンエアーキャンペーン概要>
・対象のお客様:JTB INFO CREW会員および JTB INFO CREW VIP会員
・対象出発期間:2014年11月30日(日)~2015年3月27日(金)搭乗分まで
・対象購入期間:2014年11月28日(金)17:00~2015年3月25日(水)23:59お支払い手続き完了まで
・対象路線:東京発(成田空港)・名古屋発(中部国際空港)・大阪発(関西空港)便をご利用された全ての方面(ヨーロッパ、アフリカなど)行きの航空券(全クラス) ※共同運航便(コードシェア便)は除く
・ポイント還元数:お一人様につき5,000クルーポイント(5,000円相当)を2015年3月下旬に還元させていただきます。
※オンライン決済でのお申込みがキャンペーンの対象です
(メールフォーム、コールセンターでのお申込みは対象外です)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング