2019年に一番継続して視聴されたアニメは「盾の勇者の成り上がり」!気になるドラマ・バラエティの1位は!?

PR TIMES / 2019年12月10日 15時35分

今年も残すところあと少し・・・。2019年も面白い番組が多く放送されました。

今回は毎月4日発売の雑誌「日経エンタテインメント!」とのコラボ企画です。
題して「2019年に一番継続して視聴された番組は何!?年間ヒットランキング」をお届けいたします。



対象エリアは関東、対象期間は2019年1月1日(火)~2019年10月28日(月)で、特別番組を除き2回以上放送された番組を対象に継続率を調査いたしました。
データ集計の都合上、10月クールは最初の1か月までを対象として分析しております。
なお、継続率とは、視聴率に関係なく、視聴者が継続して前週から翌週へ同じ番組を視聴している率を算出したものを指しています。つまり、固定したファンが多い番組ほど上位に挙がってくるという結果になります。

 ※過去にも継続率調査を行っていますので、合わせて以下URLよりご確認ください。
 ( http://tsite.jp/r/tvdata/article/033.html

バラエティ・アニメ・ドラマの3ジャンルごとに、継続して視聴されている番組のトップ10を紹介いたします。
トップ10以外にも、放送されていた番組が数多くありますので、気になる方は、ぜひ今月発売の「日経エンタテインメント!(2020年1月号)」をご参照ください。

[画像1: https://prtimes.jp/i/983/378/resize/d983-378-543629-0.png ]


やっぱり強い「世界の果てまでイッテQ!」 ドラマの継続率は、コンテンツの魅力が勝負のカギ・・・?

[画像2: https://prtimes.jp/i/983/378/resize/d983-378-588175-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/983/378/resize/d983-378-212593-2.png ]


まずはバラエティの集計結果からご紹介いたします。
視聴率が高いことで有名な「世界の果てまでイッテQ!」は、継続率でも1位という結果になりました。
内容に関係なく日曜日のこの時間と言えば、「世界の果てまでイッテQ!」と考えている人が多いことがうかがえます。
その他の上位は、「水曜日のダウンタウン」「月曜から夜ふかし」「アメトーーク!」と平日の遅い時間に放送されている番組が続いています。
仕事から帰宅し、ご飯やお風呂を済ませて「よし、テレビでもみるか!」となる時間がこの時間と仮定すると、継続率では、生活リズムに密着した番組が上位になる傾向があることが分かりました。

続いて、アニメの集計結果です。
1位は「盾の勇者の成り上がり」。異世界アニメファンから、非常に注目された作品です。
その他には、原作ファンが多くいる「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」や「鬼滅の刃」が続いています。
漫画や小説などの原作から人気のある作品はファンの力が強く、アニメは固定したファンが生まれやすい傾向にあるようです。

最後はドラマのご紹介です。
1位は菅田将暉さん主演の「3年A組 ―今から皆さんは、人質です― 」でした。
SNSでの問題を扱った本作は、インターネット上で大きな反響を呼びました。
一方、同じくインターネット上での考察が話題になっていた「あなたの番です」は、6位という結果になっています。2クール(半年間)放送していたということもあり、継続率という面では少し不利な作品だったようです。

ドラマは録画で視聴される割合が高いため、放送される時間帯が遅いから不利ということがありません。
そのため今回の結果も、遅い時間帯である22:30スタートの「3年A組 ―今から皆さんは、人質です― 」もあれば、20:00スタートの「いだてん」もランクインしています。今回取り上げたジャンルの中では、特にコンテンツの魅力がランキングに反映されていると言えるかもしれません。


以上、「2019年に一番継続して視聴された番組は何!?年間ヒットランキング」の調査結果をお伝えいたしました。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング