<グレイヘアに関する意識調査>グレイヘアのハードルは「移行期」にあり!?

PR TIMES / 2019年2月28日 16時40分

~約半数の女性がグレイヘアに挑戦してみたいと回答~

 毛髪・美容・健康のウェルネス産業の株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 津村 佳宏)は、レディメイド・ウィッグ(既製品)ブランド「FDW(フォンテーヌ デザイナーズ ウィッグ)」から、グレイヘアデザインのフルウィッグ発売に合わせて、『グレイヘアに関する意識調査』を実施しました。全国の40~70代以上の女性412人を対象に、インターネットによるアンケート調査を行いました。



【調査結果トピックス】
◆白髪染めを行っている人の4割が「やめたい」と回答
◆約半数がグレイヘアに挑戦してみたいと回答
               年代別では60代がトップに
◆グレイヘアの魅力は「自然体でいられる」が1位
       オシャレの選択肢としてグレイヘアに魅力を感じる人も
◆グレイヘアには見た目への不安を感じる一方
          移行期間におけるハードルも高いことが明らかに
◆グレイヘアで知りたい情報 1位は「上手な移行方法」
◆グレイヘアが似合うと思う有名人
    1位「草笛光子さん」2位「近藤サトさん」3位「中尾ミエさん」
           男性で唯一「吉川晃司さん」が4位にランクイン!

<調査概要>
○調査名:グレイヘアに関する意識調査
○調査対象:全国の40~70代以上の女性412名(有効回答数)
[画像1: https://prtimes.jp/i/10292/379/resize/d10292-379-401520-0.png ]

○調査期間:2019年1月30日(水)~1月31日(木) 2日間
○調査方法:インターネットアンケート

<主な調査結果>
◆現在白髪染めを行っている人は7割以上
 現在白髪染めを行っているか尋ねたところ、全体で72.1%、50代・60代では約8割の人が白髪染めを行っていると回答しました。

Q. あなたは現在白髪染めを行っていますか?(単一回答/n=412)
[画像2: https://prtimes.jp/i/10292/379/resize/d10292-379-302591-1.jpg ]


◆白髪染めを行っている人の4割が「やめたい」と回答
 白髪染めを行っている人に、白髪染めをやめたいと思うか尋ねたところ、4割の人が白髪染めをやめたい(「今すぐにやめたい」「将来的にはやめたい」計)と回答しました。

 「どちらともいえない」と答えた人を除くと、「白髪染めをやめるつもりはない」(36%)を上回る結果となりました。

Q. Q1で「はい」と答えた方にお聞きします。あなたは白髪染めをやめたいと思いますか?(単一回答/n=297)
[画像3: https://prtimes.jp/i/10292/379/resize/d10292-379-638717-2.jpg ]


◆白髪が気になり始めた年代は「40代」がトップに
 いつ頃から白髪が気になり始めたのかを尋ねたところ、「40代」(35.7%)と回答した人が最も多く、次が「50代」(28.2%)でした。40代と50代で6割以上(63.9%)を占めており、白髪が最も気になる年代が40代・50代であることが伺えます。

Q. あなたは何歳から白髪が気になり始めましたか?(単一回答/n=412)
[画像4: https://prtimes.jp/i/10292/379/resize/d10292-379-794964-3.jpg ]


◆60代から白髪が増加!?
   60代・70代は自身の髪の約半分が白髪であると認識
 自身の白髪度合いを、パーセンテージで表現してもらったところ、50代では平均25.9%であったのに対し、60代では39.6%と大きく増加(13.7%増)しました。また、60代・70代では平均値が約4~5割となっており、自身の髪の約半分が白髪であると感じていることが伺えます。

Q. あなたの白髪度合いを%で表現すると何%ですか?(自由回答/n=412)
  ※白髪染めをしている人は染める前の度合いをお答えください。
[画像5: https://prtimes.jp/i/10292/379/resize/d10292-379-882778-4.jpg ]


◆グレイヘアの認知度は約7割
 約7割の人が「グレイヘア」を知っていると回答しました。年代別でみると、60代の認知度が73.8%と最も高い結果となりました。

Q. あなたはあえて白髪を染めずにおしゃれを楽しむ「グレイヘア」を知っていますか?(単一回答/n=412)
[画像6: https://prtimes.jp/i/10292/379/resize/d10292-379-576412-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/10292/379/resize/d10292-379-786004-6.jpg ]

◆約半数がグレイヘアに挑戦してみたいと回答
                 年代別では60代がトップに
 グレイヘアへの挑戦意向を尋ねたところ、約半数(47.3%)が「挑戦してみたい」「どちらかといえば挑戦してみたい」と回答しました。年代別では60代が最も高く、60代・70代ではどちらも半数を超える人がグレイヘアへ挑戦してみたいとの意向を示しました。

Q. あなたは将来的に「グレイヘア」に挑戦してみたいと思いますか?(単数回答/n=412)
[画像8: https://prtimes.jp/i/10292/379/resize/d10292-379-133723-7.jpg ]


◆グレイヘアの魅力は「自然体でいられる」が1位
      オシャレの選択肢としてグレイヘアに魅力を感じる人も
 グレイヘアについて「挑戦してみたい」「どちらかといえば挑戦してみたい」と回答した人を対象に、その理由について尋ねたところ、「白髪染めの手間が省ける」(64.1%)を抜いて、「自然体でいられる」(66.7%)がトップとなりました。白髪染めの手間が省けるという効率化の側面よりも、着飾らず、ありのままの自然な自分でいられるところにグレイヘアの魅力を感じている人が多いことがわかります。

 また、「お洒落に見える」(21.5%)も3位となっており、お洒落の手段としてグレイヘアに魅力を感じる人がいることが分かります。

Q. 前問※2で「挑戦してみたい」「どちらかといえば挑戦してみたい」と答えた人にお聞きします。その理由は何ですか?(複数回答/n=195)
 ※2 あなたは将来的に「グレイヘア」に挑戦してみたいと思いますか?(単一回答/n=412)
[画像9: https://prtimes.jp/i/10292/379/resize/d10292-379-660005-8.jpg ]


◆グレイヘアには見た目の不安を感じる一方
        移行期間におけるハードルも高いことが明らかに
 グレイヘアに対してハードルを感じている部分について尋ねたところ、「老けて見える」や「似合うかどうかわからない」といった、自身の外見に対する不安を感じる人が多い傾向がみられました。

 一方、「移行するまで時間がかかる」や「移行が難しい」と答えた人も多く、綺麗なグレイヘアになるまでの「移行期間」にハードルを感じている人が多いことが分かります。

Q. 「グレイヘア」に関して、あなたがハードルを感じる点は何ですか?(複数回答/n=412)
[画像10: https://prtimes.jp/i/10292/379/resize/d10292-379-982057-9.jpg ]


◆グレイヘアで知りたい情報 1位は「上手な移行方法」
 グレイヘアについて知りたい情報を尋ねたところ、半数以上の人が「上手な移行方法」について知りたいと回答しました。前問の結果でも「移行期間」にハードルを感じている傾向がみられましたが、同じく移行期間の過ごし方への関心度が高いことが分かります。

 グレイヘアがブームとなる一方、綺麗なグレイヘアになるための移行方法に関して、情報が不足していることが伺えます。

Q. あなたがグレイヘアに関して知りたい情報は何ですか?(複数回答/n=412)
[画像11: https://prtimes.jp/i/10292/379/resize/d10292-379-353717-10.jpg ]


◆グレイヘアが似合うと思う有名人
   1位「草笛光子さん」2位「近藤サトさん」3位「中尾ミエさん」
            男性で唯一「吉川晃司さん」が4位にランクイン!
 グレイヘアが似合うと思う有名人について尋ねたところ、1位となったのは女優の草笛光子さんでした。草笛さんは、映画や舞台、テレビで活躍する一方、2018年には私服の着こなしを紹介した書籍も出版されるなど、ファッションリーダーとしても注目されています。

 続く2位には、フリーアナウンサーの近藤サトさんが入りました。近藤さんは、テレビや雑誌など多くのメディアに登場し、グレイヘアが美しと話題を集めています。男性では唯一、俳優の吉川晃司さんが4位にランクインしています。吉川さんのグレイヘアは、女性からの支持が高いことが伺えます。

Q. グレイヘアが似合うと思う有名人は誰ですか?(複数回答/n=412)


[画像12: https://prtimes.jp/i/10292/379/resize/d10292-379-571822-11.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング