ぐるなび食市場『ホワイトデー特集2014』 

PR TIMES / 2014年3月7日 16時31分

男女のギャップは約10倍!バレンタインデーから学ぶホワイトデーお返し作戦

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎、以下 ぐるなび)は、お取り寄せグルメサイト「ぐるなび食市場」において、1月30日より「ホワイトデー特集2014」を開始し、きたる3月14日のホワイトデーに向けて各種商品を展開しております。




『ホワイトデー特集2014』 http://shop.gnavi.co.jp/Mallgn/special/whiteday/


バレンタインチョコ品評会で見る男女のギャップに注目!!
プチプラでも“へなチョコ”って呼ばないで!(泣)男女の金額差は約10倍に。
男子はお返しハードルが低い「庶民派チョコ」でお願い。
女のセンスが問われる女子は「ちょっとリッチな正統派チョコ」をチョイス。

ぐるなび食市場では、2月5日(水)に現役大学生男女33名を対象に「バレンタインチョコ品評会」をに開催し、女子の「あげたいチョコ」と男子の「もらいたいチョコ」のランキングを発表しました。

▲女性1位の「コフル・オ・ショコラ」3,980円

▲男性1位の 「チョコロン」399円

その結果、女性が選んだチョコは男子の選んだチョコの約10倍の価格となり、会場が驚きの声で盛り上がりました。300円台のチョコに票を入れた男性は「安くてかわいくて、美味しいから。ホワイトデーに気負わない」とコメント。バレンタインデーにチョコをもらうこと自体は嬉しいけれど、お返しのことがよぎってしまう、ちょっと気弱な男子の本音が見えてきました

■女性の選んだチョコBEST3


■男性の選んだチョコBEST3


今回の男子大学生のほかに、男性の貴重な意見を集める場として、今年1月中旬に、自称「スイーツ男子」を名乗る20~30代を中心とした男性約30名を集めた『 バレンタイン試食会』を開催しました。
その中で印象的だった男性のコメントをいくつかご紹介します。

★全体的に量が多いので、1人で食べきれる大きさがいい。
★相手の好みや性格に応じて、セレクトを変えるべき。
★そんなに高価なチョコを女の子から貰いたいとは思わない。
★本命チョコは手作りで!高価なチョコは“重い”かも。


▲品評会の男性の様子

どうやら、ひとりで食べきるには量が多いものや、明らかに高価なものは男性を少し圧倒してしまうようです。先に挙げたランキングにもあらわれているように、お返しハードルが低く、気持ちが和むものが人気です。

スイーツ男子の『 バレンタイン試食会レポート
http://shop.gnavi.co.jp/Mallgn/special/valentine/report.html


女子の言い分
★いくら義理でも少しは気をつかう
★ちゃんとした人って思われたいし、あまり安っぽいものは選ばない
★いろいろ悩んでも最終的には正統派のチョコを選ぶ
★そこまでお返しのことを意識して選んでいないです!

一方で、女性には女性の言い分があるようです。一ヵ月後のお返しがどれくらい豪華かどうかよりも、「正統派チョコのほうが気持ちの本気度が伝わる」という本命派だけじゃなく、義理チョコにおいても「常識がある、ちゃんとした人に見られたい」「こういった節目に、ささやかにでも感謝の気持ちを伝えたい」という純粋な気持ちがあるようです。

▲品評会の女性の様子

 もちろん、友チョコや相手との間柄にあわせてユニークで「クスッ」と笑えるチョコも人気でした。このことから、男性が思うよりも女性はお返しに対して高い期待を持っていないようです。2月14日にあなたのことを思い選んでくれた、その気持ちをあらためて受け止めてみては・・

ホワイトデーまであと1週間。ランキング結果からあらためてバレンタインデーにおける男女の違いをおさらいして、義理、本命問わず、今から一ヶ月前にチョコレートをくれた女性たちの、顔を立てるような素敵なお返しをして、今後の良好な関係づくりのキッカケにしてはいかがでしょうか。


◆『バレンタインチョコ品評会2014』開催概要◆
■日時:2014年2月5日(水) 11:00~13:00
■会場:東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビルB1F
1.現役女子大生が「今年あげたいバレンタインチョコ」をその場でランク付け。
2.同時に、現役男子大学生が「今年もらって嬉しいバレンタインチョコ」をランク付け。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング