1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【エデュケーショナルネットワーク】日本漢字能力検定協会より特別賞を受賞

PR TIMES / 2021年8月31日 17時45分

千葉県松戸市の公立小学校内で、放課後時間を有効活用した漢検対策講座を実施

株式会社増進会ホールディングス(Z会グループ)のグループ会社で、教育機関の支援事業を行う株式会社エデュケーショナルネットワーク(本社:東京都千代田区、代表取締役:二瓶嘉男)は、「公民連携事業」として、多くの自治体・教育委員会を対象に、学習支援等の様々な支援を行っています。
2020年度に千葉県松戸市立小学校内における放課後子ども教室で実施した「漢字検定対策講座」 が、公民連携による先進的な漢字学習、日本漢字能力検定受検の取り組みであるとして、公益財団法人 日本漢字能力検定協会(本部:京都市東山区、代表理事:高坂節三)より特別賞を受賞しました。
【エデュケーショナルネットワークの公教育支援事業】
https://www.e-network.jp/company/contract.html



[画像1: https://prtimes.jp/i/49291/383/resize/d49291-383-8a39d81b59c83e0ff5ba-0.png ]

公益財団法人 日本漢字能力検定協会は、「日本漢字能力検定」において、広く漢字学習に取り組んでいる方々の努力を賞し、励みとする目的で、毎年度、特に成績優秀な個人及び団体を表彰しています。

今回特別賞を受賞した放課後子ども教室「放課後KIDSルーム」は、当社が千葉県松戸市より運営を委託されている地域放課後児童支援事業で、全市立小学校において、余裕教室などを活用し、放課後に「体験活動」「遊び」「学び」等の活動を実施しています。
その中で行っている「漢字検定対策講座」は、「放課後KIDSルーム」に登録している子どもならどなたでも参加できる講座です。児童が安心安全に過ごせる場の提供だけでなく、「学び」に関する支援をより充実させたいという松戸市の要望により企画しました。
漢字検定は、級が設定されているので目標を立てやすく、児童の継続的な学びを促します。また、学びの成果が合格という形で残るので、学習を振り返ることができ、達成感や学習に対する前向きな気持ちを高めます。学習講座の成果を可視化することができるので、保護者の満足度向上にもつながります。

漢字検定の活用など様々な学びの活動を通じて、今後も、安心・安全かつ、“子どもたちの知的好奇心を刺激する場”、“学習意欲に応える場”としての放課後子ども教室を提供していきます。


Z会グループの公教育支援事業について
Z会グループは、「最高の教育で、未来をひらく。」をグループ理念として掲げ、教育事業においては、通信教育の「Z会」を筆頭に、「栄光ゼミナール」「シェーン英会話」などのブランドで多様な教育サービスを提供しています。
株式会社エデュケーショナルネットワークでは全国の学校、学習塾等の教育機関を顧客として、教材、テストの販売及び教職員の派遣等、幅広い教育支援サービスの提供を行っています。また、公教育支援事業の専門部署である公民連携推進室では、教育委員会を中心に公教育現場のニーズに合わせた支援事業を担っています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/49291/383/resize/d49291-383-684a3cbe2a82ffffbbad-1.jpg ]


【会社概要】
会社名:株式会社エデュケーショナルネットワーク(Z会グループ)
所在地:東京都千代田区富士見2-11-11
代表者:代表取締役 二瓶嘉男
設立:2003年5月12日
URL: https://www.e-network.jp/

【教育機関や自治体からのお問い合わせ先】
株式会社エデュケーショナルネットワーク 公民連携推進室
TEL:03-5275-9572 (受付時間:平日9:30~18:00)
e-mail:koumin@e-network.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング