【フジテレビ】YouTubeを活用した映像クリエイター発掘プロジェクト「フジテレビ フカ・プロジェクト THE LAST AWARD」8月20日(火)より募集開始

PR TIMES / 2013年8月20日 10時45分

=================================
YouTubeを活用した映像クリエイター発掘プロジェクト
「フジテレビ フカ・プロジェクト THE LAST AWARD」
[フジテレビの1日の終わりに流す1分の映像]をテーマとした
映像作品を募集
8月20日(火)より募集開始
http://fu-ca.tv (「フカ・プロジェクト」公式サイト)
=================================



 株式会社フジテレビジョン(東京都港区、代表取締役社長:亀山千広、以下フジテレビ)は、
動画配信サービス「YouTube」を活用したUGC※1企画として、若い世代のデジタル向けの映像
クリエイターを発掘、育成するプロジェクト「フジテレビ フカ・プロジェクト THE LAST AWARD」
を実施します。
※1 UGC…User Generated Content 一般のユーザーによって制作、作成されたコンテンツの総称。

 「フジテレビ フカ・プロジェクト THE LAST AWARD」の名称の“フカ”とは「Fuji Youtube Creative
Award」の略称で、数々のネット動画が世界規模でのヒットを生み出している昨今、その新たな可能性
を発掘し、将来の日本を代表する世界的なクリエイターを育てていくきっかけにするためのプロジェクトです。

 本プロジェクトでは、シェイクスピアの戯曲のタイトルでもあるように「終わりよければ全てよし」
と、物事の最後はとても重要であると位置づけ、“1日の終わり”をテレビ上でどう演出すべきかをテーマに、
「フジテレビの1日の終わりに流す1分の映像」というお題で、映像作品を広く一般に募集します。
 明け方4時頃、テレビ放送の1日が終わり、翌日の放送が開始するタイミングに映し出されることを
想定して、「フジテレビの1日の終わりに流す1分の映像」を、独自の目線で制作してもらいます。

 募集受け付けは本プロジェクトのオフィシャルサイト(http://fu-ca.tv)上で8月20日(火)から
9月22日(日)まで行い、集まった作品は事務局での1次審査を経た後、web業界、広告業界、映像業界等、
様々なクリエイティブな環境に身を置く有名クリエイター達による最終審査を行います。
 優勝者には、褒賞として賞金100万円を贈呈するとともに、投稿していただいた映像を期間限定で実際に
PRジングルとして放送する予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング