STとSoftAtHome、マルチスクリーン・デジタル・サービス向けに高品質セキュア・プラットフォームのデモを実施

PR TIMES / 2013年4月10日 9時36分

~管理された単一ネットワーク経由でマルチスクリーンに
最適なマルチメディア・サービスの提供を実現するSTのコネクテッド・ホーム技術
およびSoftAtHomeのCPEソフトウェアを利用したクライアント / サーバ・ソリューション~

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロ
エレクトロニクス(NYSE: STM、以下ST)と、オペレータによるデジタル・
ホーム向け統合型サービスの提供を可能にするホーム・オペレーティング・
プラットフォームのプロバイダであるSoftAtHomeは、クライアント / サーバ・
ソリューションのデモに成功しました。このソリューションを利用するオペ
レータは、管理された単一ネットワーク経由し、加入者住宅内の追加スクリーンに
最適なユーザ体験を提供できます。

このソリューションは、ゲートウェイ / サーバ機器から低価格ザッパー・
ボックスまでのアプリケーションに対応する幅広い性能・機能を網羅したSTの
セット・トップ・ボックス(STB)用ICポートフォリオを活用しています。これ
により、2台目のテレビ・PCに接続されたHDMIドングルやミニ・ボックス等の
エントリ・レベル・クライアントは、メインのホーム・ゲートウェイを経由し、
オペレータのサービスを受けられるようになります。

価格競争力に優れたSTのSTiH205をベースとするこのクライアント機器は、携帯
電話等の機器よりも高いビデオ画質をサポートし、限定受信サービス用の
セキュア・プラットフォームを提供します。サーバ / ゲートウェイに採用され
たシステム・オン・チップ(SoC)であるSTiH416は、世界最高クラスの性能を有
するSTB用ICで、高速のデコーディングならびにトランスコーディングに対応し
ているため、あらゆるホーム・クライアントで卓越したユーザ体験を実現します。
オペレータ各社は、SoftAtHomeのソフトウェア・プラットフォームを利用するこ
とで、複数のスクリーン間で一貫したルック・アンド・フィールを提供できます。
また、DLNA(1)、CVP(2)、RUI(3)等の業界標準プロトコルの使用により、
オペレータ各社は独自ソリューションによる制約を受けません。

SoftAtHomeのCPE(Customer Premises Equipment)用ソフトウェア・
プラットフォームは、あらゆるコネクテッド・スクリーン上で、ペイTVならびに
OTT(Over-The-Top)サービスを統一されたサービス・プロバイダ体験に融合する
ことができます。また、SoftAtHomeのソフトウェアはSTのコネクテッド・ホーム用
SoCのフル・ポートフォリオに移植されているため、オペレータ各社は
SoftAtHome Operating Platform(SOP5)を利用して革新的なサービスを顧客に届ける
ことができます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング