「ベンチャー企業」 ×「学研」で教育にイノベーションを! 国内教育企業初のアクセラレ ータプログラム 「Gakken Accelerator」をスタート

PR TIMES / 2014年10月2日 16時19分



株式会社学研ホールディングス (東京・品川区/宮原博昭社長 以下学研)は、国内教育企業初のアクセラレータプログラム「Gakken Accelerator」をスタートします。 「Gakken Accelerator」は「グローバル社会を見据えた教育」をキーワードに、学研とベンチャー企業(起業家)が足りないリソースを相互に補完しあい、革新的なビジネスを共創するプログラムです。学研社内の専門家に加え、社外からも教育業界やスタートアップ業界で活躍する専門家をメンターとして迎え、ベンチャー企業支援を通じて、教育業界にイノベーションを起こす事を目的としております。

■Gakken Accelerator の詳細&申込み他
http://www.gakken.co.jp/accelerator/
■【無料】交流会・セミナーお申込み
http://www.gakken.co.jp/accelerator/seminars.html

なお本プログラムの運営は新規事業アクセラレータ01Boosterを運営する株式会社オープンミートアップ(東京・港区/鈴木規文社長 以下01Booster) *1と株式会社学研ホールディングス の協業にて行います。
多くのベンチャー企業の皆様の「Gakken Accelerator」プログラムへの参加をお待ちしております。

=========================================================

■Gakken Acceleratorの概要
「Gakken Accelerator」はベンチャー企業が持つアイデア、スピード、行動力と、学研が持つリソース、ネットワーク、ブランド、専門のメンター陣とを、新規事業アクセラレータである01Boosterがサポートして組み合わせることでグローバル社会を見据えた教育をテーマに革新的な新規事業を興すことを目標としております。主に米国を中心とする海外では01Boosterのようなアクセラレータがサポートする既存企業とメンター陣による新規事業アクセラレータプログラムが盛んに行われており、新規事業創造の高い成功率を誇ります。これは、既存企業とベンチャー企業では文化や考え方が大きく異なり、直接二者間でマッチングしても新規事業創造やコラボレーションの成功率が極めて低いため、既存企業に加えて、専門家のメンター陣と、起業家を中心としたアクセラレータが触媒としてサポートする必要があるためです。
「Gakken Accelerator」では学研の専門家に加え、社外で活躍する専門家をメンター陣として採用することで 多様性を持ったオープンイノベーションを起こし、ベンチャー企業を多面的にサポートすることが特徴です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング