【ドラゴンアウェイクン】新神装や新称号が手に入る「お花見イベント」が開催中!

PR TIMES / 2020年4月2日 19時25分

最新イベントの情報をお届け

株式会社インゲーム(本社:東京都新宿区、 http://www.ingame.jp/)はブラウザ向け本格ファンタジーRPG【ドラゴンアウェイクン】において、2020年4月1日(水)より「お花見イベント」を開催中です。本記事では、今回のイベントに関する魅力的な内容の一部をご紹介致します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/30050/387/resize/d30050-387-985560-5.jpg ]


■イベント詳細
公式サイトはこちら
https://ingame.jp/index_da_ingame.html

公式ツイッターはこちら
https://twitter.com/dragonawaken_jp

■桜咲く!お花見イベント開催!
お花見イベント期間中、任務の達成完成やギフトの購入、抽選に参加することで、お花見限定アイテム「花びら」を獲得できます。

限定アイテム「花びら」

[画像2: https://prtimes.jp/i/30050/387/resize/d30050-387-160748-0.png ]


ひらりと舞う鮮やかなピンク色!

花びらをたくさん集めることによって、新神装「天神の衣装」・新称号「桜爛漫」・騎獣「パンク猫」などと交換することができます。

★新神装「天神の衣装」
全てを穿ち、何物も通さない天神の装備で敵を圧倒しよう!
[画像3: https://prtimes.jp/i/30050/387/resize/d30050-387-387030-2.png ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/30050/387/resize/d30050-387-819676-4.png ]


★騎獣「パンク猫」
可愛すぎる相棒と共に様々な戦場を駆け抜けよう!
[画像5: https://prtimes.jp/i/30050/387/resize/d30050-387-933506-6.png ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/30050/387/resize/d30050-387-609208-8.png ]


■同時開催!騎獣や聖器があたる豪運ルーレット!
イベント期間中に開催される「豪運ルーレット」を回して、
聖器「魔眼」や騎獣「青炎龙王」といった豪華アイテムなどを手に入れよう!

[画像7: https://prtimes.jp/i/30050/387/resize/d30050-387-824215-7.png ]


騎獣「青炎龙王」は「パンク猫」と違う良さを秘めている!カッコいい!

■Twitter限定イベントも開催中!
現在、Twitterでは本イベントに連動して、「青晶石」や「称号」を抽選でプレゼントする限定イベントを開催しております。
こちらもあわせてご確認ください。

公式ツイッターはこちら
https://twitter.com/dragonawaken_jp

■【ドラゴンアウェイクン】とは?

[画像8: https://prtimes.jp/i/30050/387/resize/d30050-387-392128-3.jpg ]


目覚めし竜の子よ、今こそ覚醒の時!
ドラゴンがテーマの本格ファンタジーRPG!

敵は竜族、圧倒的な力に人々は絶望していた。
目覚めしは竜の力、予言の子は竜を滅ぼす竜の力を持つ者。

圧倒的ボリュームを誇る100を超えるカスタマイズ機能。
自分だけの街づくり、ミニゲームも楽しめる領地システム。
CP戦、対人戦、チーム戦と様々なルールが用意された戦場。

アナタを虜にする要素が盛り沢山!
次世代型RPGを体験しよう!


■新規登録者応援キャンペーン実施中!はじめるなら今がおすすめ!

[画像9: https://prtimes.jp/i/30050/387/resize/d30050-387-392128-3.jpg ]


新しく【ドラゴンアウェイクン】を始める方限定!特典満載の新規登録者応援キャンペーンを実施中です!ログインボーナスで「九尾の狐」や「紅の魔女」といった限定英雄を手に入れよう!


今回のイベントは新しい時期の幕開けにふさわしい内容になっています。
新生活の始まりに新神装も乙なものなのでは!?

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

※アイテムの詳しい獲得方法などに関しては公式サイトをご確認ください。
公式サイトはこちら
https://ingame.jp/index_da_ingame.html


※本ページの内容は開発中のものです。実際の使用とは異なる場合があります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング