5月16日~6月15日、アート展示企画「SHIBUYA STREET GALLERY」×AR謎解き「渋谷パラレルパラドックス」を同時開催します

PR TIMES / 2019年5月9日 15時40分

渋谷のまちを舞台に、新感覚のAR謎解きストリートアート展を実施

東京急行電鉄株式会社(以下、当社)は、2018年7月から開始した落書きなどに悩む未活用壁面を活用した街メディア事業「ROADCAST(以下、本事業)」のテストマーケティングの1つとして、渋谷の街中にアート作品を展示する企画「SHIBUYA STREET GALLERY」およびこれに絡めたAR謎解き「渋谷パラレルパラドックス(以下、本イベント)」を5月16日(木)~6月15日(土)の期間、実施します。



 本事業は、渋谷エリアに点在する住居や店舗などの未活用壁面を当社が一括して借用し、それらを同時展開することで街を丸ごとメディア化し、プロモーションやアート作品展示などを行う事業で、2019年7月の本運用開始に向けてこれまでに9件のテストマーケティングを実施し、借用する壁面は約80カ所に増加しています。
 本イベントは、若手アーティスト支援企画の一環で、国内最大級のアートコミュニティを運営する株式会社ShareArt、AR技術を応用した体験型エンタテインメントの開発・運営を行う株式会社ENDROLL、リアル謎解きゲームを中心とした体験型ゲームの制作・プロデュースを行う株式会社ハレガケの3社と協業し、本事業が2019年の活躍を期待している注目アーティスト15名の参加のもと、AR技術を活用した謎解きゲームとストリートアート展を組み合わせるという新感覚のエンタテインメントを創り出します。街中でアートに触れつつ、謎解きを目指すという、ストリートカルチャーが根付く渋谷ならではの新たなエンタテイメントの発信により、渋谷への来街促進および回遊促進を目指します。
 なお、AR謎解きゲームのキットはSHIBUYA TSUTAYA6階で、展示作品の関連グッズは7階の特設コーナーで購入ができるほか、東急線渋谷駅などにて本イベントの展示マップを配布します。

  当社は、今後も本イベントのような企画を通じて、渋谷の情報発信力を高め、いつ訪れても旬な情報に出会えるような、「渋谷ならでは」の体験ができる街にすることで、「エンタテイメントシティSHIBUYA」の実現を目指します。本イベントの詳細は別紙の通りです。
[画像: https://prtimes.jp/i/10686/388/resize/d10686-388-238337-0.jpg ]

▲本イベントポスター(左)・展示アート作品例6点

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング