【ホテルオークラ東京】『第20回 記念特別展 秘蔵の名品アートコレクション展』 日本赤十字社、NHK厚生文化事業団に純益金を寄付

PR TIMES / 2014年11月4日 14時13分

企業文化交流委員会(委員長 株式会社ホテルオークラ東京 代表取締役会長 清原當博)およびホテルオークラ東京が、2014年8月8日(金)から8月31日(日)の24日間にわたり開催したチャリティーイベント『第20回 記念特別展 秘蔵の名品アートコレクション展』の収支報告が、このほどまとまりました。社会貢献のためにお役立ていただくべく、純益金の4,653,726円を日本赤十字社、NHK厚生文化事業団に寄付いたしました。




第20回の節目となる本年は、「日本の美を極める」と題し、日本人の原点でもある「伝統的な日本独自の美」に着目いたしました。四季豊かな日本の、多彩な風景表現やその風景の中で生きる人々の描写に注目しながら、四季、花鳥、風情をキーワードに江戸期から近現代の絵画群を一堂に集め、私たち日本人がどのようなものを美しいと感じ、描いてきたのかを、作品を通じて再発見していただけるような展覧会を企図いたしました。


『第20回 記念特別展 秘蔵の名品 アートコレクション展』 開催概要
【名称】 第20回 記念特別展 秘蔵の名品 アートコレクション展
     日本の美を極める -近代絵画が彩る四季・花鳥・風情
【開催期間】 2014年8月8日(金)~8月31日(日) 24日間
【開催時間】 9:30~18:30(最終入場18:00)※8月8日(金)は12:00~
【会 場】 ホテルオークラ東京 宴会場「アスコットホール」(別館地下2 階)
【主 催】 企業文化交流委員会
【協 賛】 株式会社ホテルオークラ東京、ホテルオークラ共栄会
【後 援】 文化庁、観光庁、港区、NHK、日本赤十字社、公益社団法人企業メセナ協議会、
  一般社団法人日本経済団体連合会、読売新聞社
【協 力】 公益財団法人大倉文化財団・大倉集古館、
社会福祉法人NHK厚生文化事業団、株式会社山元
【監 修】 薩摩 雅登 (東京藝術大学 教授)
  熊澤 弘 (美術史家、武蔵野音楽大学 講師)
【学 芸 員】 神津 瑛子
【学術協力】 金原 宏行(豊橋市美術博物館 館長)
【入 場 料】 入場券)一般 ¥1,200/大学・高校生 ¥1,000/中学生以下無料ランチセット券)¥4,000 または ¥6,000

●【来場者数】2014年度:27,342人(24日間)
●【寄付金額】2014年度:4,653,726円
●【総来場者数】513,000人(全20回累計)
●【総寄付金額】172,761,720円(全20回累計)
●【総絵画出展数】1,581点(全20回累計)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング