1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

分野・業種を超え豊橋へ集まれ!「超異分野学会豊橋フォーラム2023」

PR TIMES / 2023年12月1日 13時45分




研究者、大企業、スタートアップ、学生など様々な立場の方が分野や業種を超えて集う「超異分野学会 豊橋フォーラム」、昨年度に続き2度目の開催を12月9日(土)に愛知県豊橋市の豊橋サイエンスコアで行います。
昨年に続き2回目となる豊橋開催!関心のある企業やスタートアップの皆さん、ぜひご来場ください。
[画像1: https://prtimes.jp/i/25583/390/resize/d25583-390-9195375a8f64d731c590-0.png ]


このフォーラムは、この地域に豊橋技術科学大学や愛知大学、豊橋創造大学の3大学があることなどを背景に企画。
豊橋市の補助事業として採択され、日頃、大学とも連携し合っている第三セクターの「株式会社サイエンス・クリエイト」と、研究者によって立上げられた「株式会社リバネス」、「東三河スタートアップ推進協議会」の主催で実現しました。

東海地区初開催となった前回は豊橋市内外から研究者、大企業、スタートアップなど総勢135名の方が現地に集まり、40件を超える連携プロジェクトの種が生まれました。
今年は昨年以上に連携を仕掛けます。

フォーラムのテーマは「未来検証のまち・豊橋への進化」。
健康、食と環境などこれからの未来を考えるうえでは欠かせないテーマでのセッションを実施し、「未来のあり方をここ豊橋で検証しよう」という想いを込めています。

この超異分野学会での出会いから生まれたアイデアを具現化し、豊橋市をフィールドに実証開発・検証を進め、社会実装への道筋をつくります。

超異分野学会豊橋フォーラム2023 詳細



午前は、研究者やスタートアップの30人ほどが登壇し、90秒で自身の研究内容や参加者に求めていることを伝える『超異分野スプラッシュ』を開催。


[画像2: https://prtimes.jp/i/25583/390/resize/d25583-390-b93787956875129eee42-0.png ]


スプラッシュ登壇者と交流できる『ポスター発表・ブース出展』では、研究・事業について踏み込んだ話ができます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/25583/390/resize/d25583-390-5395e1e2f7719af9ae67-11.jpg ]

▶︎基調講演◀︎
豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 澤田和明教授
午後は、豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 澤田和明教授が登壇し、『大樹型オープンイノベーションによるスマートセンサ開発と社会実装』についての講演を行います。
[画像4: https://prtimes.jp/i/25583/390/resize/d25583-390-24da4e9798a6110c4212-5.png ]



▶︎セッション◀︎
さらに、特定のテーマのもと、関連する独創的な取り組みをしている企業やスタートアップの関係者、研究者が議論するセッションも開催。2つのテーマを取り上げます。

セッション1.
豊橋から生み出す食と農と健康の新結合~ハートセンターをコアにした新たな健康園~
セッションパートナー:豊橋ハートセンター

農産物を中心とした多様な食の産地であり、成分などの分析ができる豊橋技術科学大学がある豊橋に位置する医療機関豊橋ハートセンターは、農園運営など医療以外の健康に関わる取組みを行なっています。
その豊橋ハートセンターとともに、食・農・健康の新しいつながりを生み出すプロジェクトについて議論し、豊橋市内のアカデミアの研究者や地域の企業とも連携したプロジェクト創出の可能性について考えます。

[画像5: https://prtimes.jp/i/25583/390/resize/d25583-390-b32b4cba725dc024fe2b-6.png ]


セッション2.
食品製造現場から実現するカーボンニュートラル~地球の恵みを余すことなく活用する地域循環モデルへの挑戦~
セッションパートナー:株式会社平松食品

日本における1年間の食品ロスは約612万トン、1人あたりお茶碗1杯分の食料を捨てている計算です。食品製造過程で発生する残渣や廃油等をバイオマス源として捉え、メタン発酵によるエネルギー生産活用、その処理液には農業活用の可能性が期待できます。豊橋市内外の研究者や事業者、生産者を巻き込んだ地域循環モデルの可能性を議論します。



[画像6: https://prtimes.jp/i/25583/390/resize/d25583-390-df3ecd43e53b81b4fb6f-8.png ]


▶︎知識製造イグニッション◀︎
参加者同士の対話から生まれた連携プロジェクト案を当日のうちに発表してもらい、優秀な案を表彰し、イベント後の具体化に向け支援していきます。
超異分野学会豊橋フォーラムでは今回が初の試みとなります。豊橋市内の2社の企業から、「異分野の研究者・ベンチャーと共に取り組んでみたい」というテーマを共有いただきました。そこに自身の研究内容や技術、興味の方向性などを掛け合わせることで、これらの企業と共に世界を変えていきたいというベンチャー・研究者の皆様のアイデアを募集します。
[画像7: https://prtimes.jp/i/25583/390/resize/d25583-390-2e119770f4a9ace540ec-9.png ]


<募集中のアイデア>
1.武蔵精密工業賞:「アグリ・バイオ・ヘルスケア分野の連携募集」
2.ワルツ賞:「食を通じた地域貢献・地域活性化につながる技術」
課題の詳細はこちら(https://lne.st/2023/11/24/hic-toyohashi-2023-ignition/)をご確認ください。


▶︎全体概要◀︎



[画像8: https://prtimes.jp/i/25583/390/resize/d25583-390-0cae77fc06c63427440d-11.png ]


【日時】2023年12月9日(土)10:00~18:00
【会場】豊橋サイエンスコア(愛知県豊橋市西幸町字浜池333-9)
【参加対象者】研究者、市内外の事業者、スタートアップ、自治体、大学生・高校生
【参加費】無料
【申込方法】申込フォームより必要事項を入力
https://id.lne.st/project/hic2023_toyohashi_ticket/pre_regist
【公式ウェブサイト】
https://hic.lne.st/conference/toyohashi2023/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください