第10回夏のチャレンジ全国小学生『未来』をつくるコンクール 40名の入賞者を決定し、12月14日(土)表彰式を開催

PR TIMES / 2013年12月6日 15時27分

~全国の小学生から52,204件のご応募をいただきました~



 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、以下:ベネッセ)の通信講座「進研ゼミ小学講座」は、全国の小学生を対象に2013年夏休み期間に*「第10回夏のチャレンジ全国小学生『未来』をつくるコンクール」を実施しました。このたび、入賞者が決定しましたので、ご報告いたします。
 本年度は、全国の小学生の皆さんから、合計52,204件の作品をご応募いただきました(内訳:作文部門34,163件、自由研究部門17,078件、環境部門<3~6年生のみ>963件)。この度、各部門の中からそれぞれ、大賞、文部科学大臣賞、審査員特別賞、イマジネイティブ賞(MIT(マサチューセッツ工科大学)Media Lab選出)、ネッツ賞、また、学校団体賞を選出し、12月14日に弊社 情報学環・福武ホール(東京大学本郷キャンパス内)にて表彰式を開催する運びとなりました。当日は、審査員もそろい、入賞作品の展示も実施します。さらに入賞者への副賞として、授賞式後MIT(マサチューセッツ工科大学)Media Labの研究員による特別授業があります。
 今年の応募作品は、継続性のある研究がたいへん目立ちました。これまでに取り組んできた同じテーマについて、条件設定に変化を持たせて調査研究するなど、工夫を凝らした取り組みが多くあり、その内容も充実していました。なお、各部門の大賞者の発表は、12月20日から「未来をつくるコンクール」のウェブサイトにて発表いたします。
 ベネッセでは、「子どもは未来からの留学生」との考えのもと、今後も事業にとどまらない機会を提供し、子どもたちを応援してまいります。

*「第10回夏のチャレンジ全国小学生『未来』をつくるコンクール」
「進研ゼミ小学講座」では、2004年より、全国の小学生を対象にした「夏のチャレンジ全国小学生『未来』をつくるコンクール」を開催しています。本コンクールは、作文部門、自由研究部門、環境部門(3~6年生対象)の3部門で、作品の募集および優秀作品を表彰するもので、普段とは違うことを体験できる夏休みの期間に、子どもたちの無限の表現力、好奇心や思考力を伸ばし育む目的で実施しているものです。


<表彰式>
■日時:12月14日(土)11:30~13:30
■場所:情報学環・福武ホール(東京大学本郷キャンパス内)
   (住所)東京都文京区本郷7-3-1
   (アクセス) 都営大江戸線 本郷三丁目駅(徒歩7分)
          東京メトロ丸の内線 本郷三丁目駅(徒歩8分)
■対象者:合計40名
   (作文部門) 大賞6名、文部科学大臣賞1名(3年の大賞者)、審査員特別賞5名
   (自由研究部門) 大賞6名、文部科学大臣賞2名(1年・6年の大賞者)、審査員特別賞6名、イマジネイティブ賞1名、
   (環境部門) 大賞4名、文部科学大臣賞1名(3年の大賞者)、審査員特別賞3名、ネッツ賞4名
   (学校団体賞) 大賞 1団体

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング