女性の片頭痛をアプリで予報!! 「女子カレ・女子のためのずつう予報」機能をリリース

PR TIMES / 2014年2月27日 13時45分

~グラクソ・スミスクライン株式会社の協力で月経に関連した片頭痛を予報~

サイバードグループでモバイル事業を手がける株式会社サイバード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堀 主知ロバート)は、本日2月27日(木)より、累計150万ダウンロードの実績を持つ、デキる女子をサポートする人気のカレンダーアプリ『女子カレ』にて、グラクソ・スミスクライン株式会社の協力のもと、「女子のためのずつう予報」機能をリリースいたします。



 片頭痛は女性に多い疾患であり、中でも20歳~40歳代の女性では有病率が高く、30歳代の女性では5人に1人が片頭痛に悩んでいると言われています。(※1) 世界保健機構(WHO)では片頭痛を、女性においては日常に支障を来たす疾患の第12位に位置付けているほどです。
 女性に片頭痛が多い理由として、女性ホルモンとの関連性が示唆されており、特に女性ホルモンが大きく変動する月経数日前から月経時に片頭痛が起こりやすいと言われています。(※2)

 この事を受けて、片頭痛に悩む人が多いとされる年代の女性に広く利用されている『女子カレ』では、頭痛専門医及び頭痛の悩みを抱える方のための総合情報サイト「ずつう.jp(http://zutsu.jp/)」を運営するなど、頭痛の正しい理解について啓発活動に注力している製薬会社グラクソ・スミスクライン株式会社(http://glaxosmithkline.co.jp/)の協力を得て、生理周期に関連して起こる片頭痛(月経に関連した片頭痛)の可能性を事前に「ずつう指数」の形で目安としてお知らせしたり、生活に関するアドバイスを日替わりで表示する機能を開発しました。

 毎日使うカレンダーアプリで、生理日予測や妊娠・避妊に関するアドバイスだけでなく、事前に片頭痛の起こりやすい日を知ることで、予定を立てる際に無理のないように調整したり、常備薬を持ち歩くなどの対策ができるようになります。
 また、実際に片頭痛が起きたかどうかを記録する機能もあり、自分の片頭痛のパターンを知り、ライフログとして残すことも可能です。

 今後はこれらのデータを元に、さらに精度の高い頭痛予報の開発を予定しており、『女子カレ』を使うことで、女性ホルモンに関連した不調から少しでも多くの女性が解放されることを願い、様々な取り組みを予定しています。さらに、今回ご協力いただいたグラクソ・スミスクライン株式会社とは、月経に関連した頭痛についての啓発活動を、アプリだけでなく、メディアやイベントなどを通して多くの女性に知ってもらえるよう展開していく予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング