【報道参考資料】エボラ出血熱3カ国・情勢レポート シエラレオネ、治療・隔離・孤児の子どもの数 約1カ月で3倍増

PR TIMES / 2014年12月4日 13時13分



※本信は ユニセフ・シエラレオネ事務所、リベリア事務所、ギニア事務所の情勢レポート
を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に編集したものです

※原文は http://bit.ly/1tvGTPn (シエラレオネ)、http://bit.ly/1tvGP1T (リベリア)
http://j.mp/1Ai6WcM (ギニア)でご覧いただけます

【2014年12月4日 東京発】

12月3日、WHO(世界保健機関)はエボラ出血熱の感染が確認されて以降、感染者が8カ国で
1万7,145人となり、6,070人が死亡したと発表しました。また、11月30日までに医療従事者
622人が感染し、うち346人が死亡しました。感染者・死亡者の内訳は以下の通りです。

ギニア   感染者 2,164人  死亡者1,327人  ※医療従事者106感染
(うち59人死亡)
リベリア   感染者 7,635人 死亡者3,145人  ※医療従事者361人感染
(うち174人死亡)
シエラレオネ 感染者 7,312人 死亡者 1,583人 ※医療従事者138人感染
(うち106人死亡)
マリ  感染者 8人 死亡者6人    ※10/23感染確認、医療従事者2人感染
ナイジェリア 感染者 20人 死亡者8人    ※医療従事者11人感染 10/20終息宣言
セネガル 感染者 1人 死亡者0人    ※10/17終息宣言
スペイン 感染者 1人 死亡者0人    ※医療従事者1人感染 12/2終息宣言
米国  感染者 4人 死亡者1人    ※医療従事者3人感染
合計  感染者 17,145人 死亡者 6,070人

出典:WHO EBOLA RESPONSE ROADMAP SITUATION REPORT UPDATE 26 OCTOBER 2014
http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/144806/1/roadmapsitrep_3Dec2014_eng.pdf?ua=1


* * *

感染が続くシエラレオネ、リベリア、ギニア3カ国の情勢レポートより、現地の状況、
ユニセフの活動をご報告します。


【2014年11月26日 フリータウン(シエラレオネ)発】
エボラに感染したり、親を失った子どもは7,050人*

本情勢レポートの統計は、シエラレオネ保健衛生省が発行する日刊報告書に基づく
ものです(報告期間:11月26日時点)。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング