【プレスリリース】シエラレオネ エボラ出血熱とマラリア封じ込め 240万人にマラリア予防薬を配布 

PR TIMES / 2014年12月8日 17時33分



※本信は ユニセフ本部の情報をもとに、日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に
編集したものです。
※原文は http://www.unicef.org/media/media_78045.html でご覧いただけます


【2014年12月5日 フリータウン/ジュネーブ/ニューヨーク発】

シエラレオネでは12月5日から約240万人を対象に、戸別訪問でマラリア予防薬が配布
されました。これは、マラリアの感染がピークに達するこの時期、エボラ出血熱と初期
症状が似ているマラリアへの感染例の中からエボラへの感染の疑いのケースを正しく
分けて確認、治療することを狙いとした、2つの病気を同時に対策するキャンペーンです。
マラリア感染の削減は国の保健システムへの負担を軽減することにつながります。これは、
シエラレオネ保健衛生省と同国国立エボラ対策センターが国際機関やNGO団体との
パートナーシップのもと、ユニセフの支援を得て実現したキャンペーンです。

「マラリアはシエラレオネの人々の命を最も多く奪っている病気です。しかしマラリア
患者はエボラ感染と疑われてしまうことを恐れて、治療施設から遠のいています。
マラリアの診断や治療を受けることなく、命を落としているのです。この予防薬の配布
キャンペーンはマラリアとエボラ両方の対策になります」と、ユニセフ・シエラレオネ
事務所のローランド・モナッシュ代表は言います。

熱、頭痛、関節の痛みといった症状がエボラの初期症状と非常に似ていることから、
誤った診断が行われやすいマラリア。そのため、患者と医療従事者の間で混乱が生じており、
エボラ出血熱のための治療施設への不必要な照会も引き起こっています。


高熱症状のある人の数の減少は、エボラ感染の疑いがある人の感染状況の確認や感染者の
隔離の件数も減ることになります。さらにマラリア患者がエボラ・ウィルスに接触する
機会も減少します。

エボラ流行地域において、訓練を受けた地域の保健員9,300人以上が戸別訪問を行い、
生後6カ月以上のすべての人々にマラリアの予防薬を配布します。訪問先の各家庭では、
エボラとマラリアの共通症状について伝えられ、命を守るために薬の服用がいかに大切
であるかの説明を受けます。

「子どもたちの親や世帯主がいかにこの戸別訪問の機会を捉えられるかがキャンペーン
の成功にかかっています。マラリア対策に効果のあるマラリア予防薬は、保健員の指示
によって服用されなければなりません。マラリアを減らすことによって、シエラレオネの
住民一人ひとりが直接、エボラ対策に貢献することができます」と、モナッシュ代表は
述べます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング