累計12万個突破!女子高生の職業体験から誕生したヒット商品『JOLモンチッチ』の2013年新バージョンが8月上旬より発売

PR TIMES / 2013年7月18日 13時25分

~今年は女子高生のアイディアで、ティーンに今人気の“くま耳”をデザインに採用~

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川 信行、以下マイナビ)が運営する、日本最大級の読者参加型ティーンズメディア『JOL(ジョル)』は、「モンチッチ」を制作・販売する株式会社セキグチ(本社:東京都葛飾区、代表取締役社長:吉野壽高)と共同で、「JOL×モンチッチ共同開発プロジェクト」を実施しています。その第4弾として、『JOL』に登録する女子高生がプロデュースした『JOLモンチッチVer.2013』を2013年8月上旬より全国で発売します。

また発売を記念して、7月19日(金)~8月16日(金)の期間、原宿・竹下通り「JOL原宿」をモンチッチがジャックするイベント【モンチッチワールド IN JOL HARAJUKU】を行います。




【1】「JOL×モンチッチ 開発プロジェクト」とは
2009年9月にスタート。モンチッチをより若い世代に受け入れてもらうための商品開発を行ってきた株式会社セキグチが、女子高生に企業での職業体験の機会を提供していた『オトナ*ラボ』(2011年3月1日より『JOL』へ名称変更)に協力を依頼し、商品開発の工程に女子高生が深く関わるこのプロジェクトが実現しました。女子高生の意見やデザインを多数取り入れて制作されたコラボモンチッチは、第1弾・第2弾・第3弾で売り上げ累計12万個を超える大ヒット商品に。JOLモンチッチが話題となり、近年、モンチッチの再ブームが訪れています。第4弾となる今回も、女子高生の斬新なアイディアを存分に取り入れ、『JOLモンチッチVer.2013』が完成しました。


【2】『JOLモンチッチVer.2013』が完成するまで
2013年の開発プロジェクトに参加した女子高生は『JOL』に登録しているメンバー。昨年9月より原宿のJOL編集部を拠点に毎月1回のミーティングを重ね、市場調査からデザイン案の作成、素材選び、ネーミング・タグのデザインなどを行いました。
第4弾ということで、今までとは違う特徴を出すためにメンバーたちは試行錯誤。いくつものデザイン案を出して掛け合わせた結果、ティーンがカワイイと思うミルクティー色の『みるちっち』とココア色の『ここちっち』の2種類が完成。くま耳カチューシャが特徴で、ドット柄のスタイや足元のワッペンがこだわり。2種類セットで持つことでさらにかわいさを演出できるような色使いもティーンのこだわりです。 

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング