【プレスリリース】南スーダン 武力衝突から1年 避難生活を送る子ども 107万人に

PR TIMES / 2014年12月15日 15時48分

失われる子ども時代/日本人職員への取材可



※本信は ユニセフ本部(ニューヨーク)の発信情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、
独自に編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_78094.html でご覧いただけます


【2014年12月12日 ジュバ/ジュネーブ発】

独立以降も政情不安が続いていた南スーダンで、2013年12月15日に武力衝突が発生。
以来1年にわたって続く紛争で、何十万もの子どもたちが自宅や学校、生まれ育った
コミュニティを追われ、暴力や栄養不良、病気の危険に晒されています。ユニセフ
(国連児童基金)は、子どもたち世代全員の未来が奪われようとしていると警鐘を
鳴らしています。

世界で最も新しい国、南スーダンの危機は信じ難い規模となっています。約75万人の
子どもたちが国内避難民となり、32万人以上の子どもが難民としての生活を強いられ
ています。また、推定40万人の子どもが学校からの退学を余儀なくされ、1万2,000人が
武装勢力や武装グループに徴用されていると報告されています。従来の社会構造が
ダメージを受け、子どもたちが暴力や性的虐待、搾取に晒されやすくなっています。

子どもたちの栄養不良率は、紛争で2倍以上に増加しました。これに対応するため、
ユニセフは栄養改善プログラムを強化し、増加する栄養不良の子どもを支援するために
新たなパートナー団体との協力体制を築いています。これまでに8万人以上の急性栄養
不良に陥った子どもたちに栄養治療ケアを提供しました。今年、南スーダンは飢饉に
陥ることを何とか阻止することができましたが、2015年はじめに平和や安定を取り
戻すことができなければ、この国はより壊滅的な食糧危機に陥る危険があります。

「南スーダンの子どもたちとこの国の未来が、終わりの見えないこの紛争によって
著しく損なわれています。子どもたちが何よりも必要としているのは、平和なのです。
ユニセフは何十万人もの子どもたちを支援するため、大規模な支援活動を続けています」
と、ユニセフ・南スーダン事務所代表のジョナサン・ヴェイチが述べます。

雨季が終わり、道路アクセスの改善が見込まれるなか、ユニセフは命を守る支援物資を
必要な地域に事前備蓄しています。また、紛争が続いている、最も緊急に支援が必要
とされるジョングレイ州とユニティ州、上ナイル州の3つの州での緊急支援を強化
しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング