~「スリクソンZ725」ドライバーを使用~額賀辰徳選手がドライビングディスタンスNo.1

PR TIMES / 2012年8月2日 10時50分



 ダンロップスポーツ(株)(本社:神戸市、社長:野尻 恭)とゴルフ用品使用契約を結んでいる額賀辰徳選手が、7月26日~29日に北海道の小樽カントリー倶楽部で行われた「サン・クロレラ クラシック」で、9月15日に新発売する「スリクソンZ(ゼット)725」ドライバーを使用し、ドライビングディスタンス賞(※1)を獲得しました。

※1:大会4日間での平均飛距離の最高を記録した者(9番ホール、16番ホール)。賞金は50万円。

JGTOドライビングディスタンス1位(※2)の額賀選手は、この試合4日間の平均で308.5ヤードの圧倒的飛距離をマークし、見事にドライビングディスタンス賞を獲得しました。
 プロ・上級者向けに理想の飛びと弾道を実現した「スリクソンZ(ゼット)725」ドライバーの飛距離性能が実証されました。

※2:JGTOツアープレーヤーの部門別データ「ドライビングディスタンス」で、平均飛距離309.94ヤードでNo.1(8/1時点)。

■額賀辰徳選手の弊社使用ギア
ドライバー :スリクソンZ725
アイアン :スリクソンZ925 (#4~P)
ウエッジ  :クリーブランド CG17
(52°、56°、60°)
ボール  :スリクソン Z-STAR
バッグ  :スリクソン
キャップ :スリクソン
ウエア   :スリクソン
グローブ :スリクソン
シューズ  :スリクソン





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング