共通ポイント「Ponta」を運営するロイヤリティ マーケティング、SDGs達成への貢献を目指す「Green Ponta Project」を開始 ~ ムダのないシアワセに包まれた社会へ ~

PR TIMES / 2019年12月10日 14時15分

 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、国連の掲げる「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」の達成に貢献する活動として、「Green Ponta Project」を立ち上げましたので、お知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/4376/398/resize/d4376-398-216693-0.png ]

 SDGsは国連サミットで採択された国際目標で、持続可能な世界を実現するため、「つくる責任 つかう責任」など17のゴールから構成されています。LMは「無駄のない消費社会構築に貢献する」を企業理念とし、「Ponta」を通じて生活者の真のニーズを把握し、価値ある情報を企業に展開して様々な無駄を削減していくことで、健全な消費社会の発展を目指しています。企業理念を具現化することが、SDGs達成の貢献につながると考えています。
 このたびLMは、SDGs達成への貢献を目指す「Green Ponta Project」を立ち上げるとともに、本プロジェクトを紹介するサイトを公開いたしました。


Green Ponta Projectサイト: https://www.ponta.jp/c/greenponta


 「Green Ponta Project」は、「ムダのないシアワセに包まれた社会へ」をビジョンに、無駄な消費をなくすことで様々な社会課題を解決し、グリーンでクリーンな地球を維持・存続させること、そのシアワセの循環を生み出し、誰もが晴れやかな笑顔で暮らせる社会に変えていくことを目指します。
 LMが運営する共通ポイント「Ponta」は9,000万人以上の会員を有し、全国約22万店舗でPontaポイントをためて、つかえるサービスです。この基盤を活用し、Ponta提携社に加え、SDGsに取り組む企業ともPonta会員をつなぎ、活動の輪を広げる取り組みを行います。また今後、地球や子どもの未来を見据えた活動も検討しており、本プロジェクトを通じてSDGs達成に貢献してまいります。



「Green Ponta Project」の取り組み

Green Ponta Projectでは「ムダのないシアワセに包まれた社会へ」というビジョンのもと、誰もが参加できる活動として、3つのChoiceに取り組みます。この取り組みを通じ、また、企業理念「無駄のない消費社会構築に貢献する」を具現化することで「つくる責任・つかう責任」をはじめとしたSDGsのゴールに対して貢献してまいります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/4376/398/resize/d4376-398-159747-2.png ]


Your Choice 1:ムダをなくす活動
世の中のあらゆるムダを省き、地球を守り、育み、クリーンに。

割り箸やレジ袋、飲み終わったペットボトルなどの使い捨てのムダをなくす「“マイ”アイテム」推進活動を通じ、プラスチックやCO2削減に取り組みます。また、提携社による省エネルギーやリサイクルなど、様々なSDGsの活動もサポートします。
・参加企業(50音順)
アルビス株式会社、MCリテールエナジー株式会社、株式会社三洋堂ホールディングス、株式会社ニシムタ、三菱商事株式会社、ルートインジャパン株式会社

Your Choice 2:サステナブルな参加
ムダのない意味のある消費への参加とすべての人の豊かな生活へ。

「“マイ”アイテム」推進活動として、ポンタをデザインにあしらった、マイバッグやタンブラー、箸といったPontaサステナブルグッズを制作しました。また、環境保全や労働環境など、地球の未来に考慮した商品が取得できる「有機JASマーク」や「USDA オーガニック」などの認証ラベル・マークの付いた商品を取り揃えました。Pontaポイントと交換できます。

Your Choice 3:人と地球を継承する活動
地球の未来を見据えて、ムダをなくす人の意識の喚起へ。
今後、地球の未来・子どもたちの未来を見据えた活動に、様々な団体とともに取り組んでまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング