那覇空港周辺の渋滞緩和に向け試行実験実施

PR TIMES / 2019年9月3日 8時40分

~那覇空港から公共交通機関とカーシェアの組み合せ利用で渋滞緩和を促進~

 タイムズ24株式会社(本社:東京都品川区、社長:西川光一)、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、社長:赤坂祐二、以下「JAL」)、沖縄県、那覇市、内閣府沖縄総合事務局の官民5者は、2019年9月2日より、那覇空港周辺の渋滞緩和の試行実験を実施します。



 県民のマイカー利用が多く、さらに年々観光客が増加する沖縄県では、慢性的な交通渋滞が問題となっています。県では交通渋滞改善に向けてTDM施策推進アクションプログラムを策定し、公共交通の利用促進や、適切な自動車利用の誘導など、様々な施策を実施・促進しています。

 今回、TDM施策の一つとして、タイムズ24、JAL、沖縄県、那覇市、内閣府沖縄総合事務局が連携し、那覇空港周辺の渋滞緩和を目的に、空港から離れた場所に点在するカーシェアリングの利用促進を図ります。

 タイムズ24とJALは那覇空港に到着するJAL便に搭乗し、那覇市内に配備されているカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」の車両を利用された方に、カーシェアでの走行距離に応じてJALのマイルをプレゼントする「那覇市走ってマイルキャンペーン」を実施します。

 また、本実験実施に伴い、指定期間内に「走ってマイル」のサービスページからJMBお得意様番号をご登録いただいた方の中から抽選で30名様に、東京(羽田)=沖縄(那覇)線の搭乗券相当分のJALのマイルをプレゼントします。

 タイムズ24、JAL、沖縄県、那覇市、内閣府沖縄総合事務局は、今後も連携を図り、カーシェアリングと公共交通機関の組み合わせ利用促進や、モノレール駅やバス停留所など交通結節点へのカーシェアリング車両の配備拡大などにより、県内の渋滞解消を目指してまいります。

【「TDM(交通需要マネジメント)施策推進アクションプログラム」概要】
TDM施策推進アクションプログラムは、行政機関、民間企業、県民が連携・協力して、一人ひとりが主体的・自発的にTDM 施策に関わり、今後具体的に取り組みを推進していくための道筋を総合的、体系的に示すことを目的に作成したものです。TDM施策には、手段の変更(公共交通機関の利用)や自動車の効率的利用(カーシェアリング)、時間帯の変更(時差出勤)などが挙げられます。

■試行実験「那覇市走ってマイルキャンペーン」

[画像1: https://prtimes.jp/i/8705/400/resize/d8705-400-239194-0.jpg ]

【参考】「走ってマイル」は、2019年9月2日現在、下記4空港を対象に常設サービスとして展開。
・広島空港(広島空港県営第1駐車場ステーション、【タイムズカー】広島空港)
・高松空港(高松空港月極ステーション)
・大阪国際空港(大阪国際空港ステーション、【タイムズカー】伊丹空港)
・関西国際空港(関西国際空港ステーション 、【タイムズカー】関西空港 )
 ※()内は「走ってマイル」の対象カーシェアステーション

■15,000マイル(東京=沖縄 普通席特典航空券 <往復> 相当)プレゼントキャンペーン

[画像2: https://prtimes.jp/i/8705/400/resize/d8705-400-730990-1.jpg ]


以上

-----------------------------------------------------------
【サービス】
・カーシェアリングなら「タイムズカーシェア」
https://share.timescar.jp/

・レンタカーなら「タイムズカーレンタル」
https://rental.timescar.jp/

・駐車場をお探しなら「タイムズ駐車場検索」
https://times-info.net/

・ポイントがたまる「タイムズクラブ」
https://www.timesclub.jp/
-----------------------------------------------------------

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング