【ホテルオークラアムステルダム】和食、鉄板焼、コンテンポラリー・フレンチの3ジャンルにて 同時にミシュランの星を獲得

PR TIMES / 2014年12月16日 9時56分

鉄板焼「さざんか」は一つ星 鉄板焼のジャンルでは欧州初の快挙 /和食堂「山里」は2002年より年連続の1つ星 /コンテンポラリー・フレンチ「シエルブルー」は2007年より連続して2つ星を獲得

株式会社ホテルオークラ(本社:東京都港区、代表取締役社長:荻田敏宏)が運営するオークラ ホテルズ & リゾーツの加盟ホテルであるホテルオークラアムステルダムでは、2014年11月19日に鉄板焼「さざんか」が「MICHELIN Guide 2015 オランダ版」にて、鉄板焼きとしては欧州では初の1つ星を獲得いたしました。また昨年に引き続き、和食堂「山里」は1つ星、コンテンポラリー・フレンチ「シエルブルー」は2つ星、ブラッセリー「Serre Restaurant」はBib Gourmand(コストパフォーマンスの高い食事を提供するレストラン)を受賞しました。さらに1つのホテルにて、和食、鉄板焼、コンテンポラリー・フレンチの3つの異なるジャンルにて星を獲得するのは欧州では初の快挙となります。



本格的な日本料理を提供する和食堂「山里」、鉄板焼「さざんか」
キュイジーヌ・クリエイティブをテーマにしたコンテンポラリー・フレンチ「シエルブルー」
1971年のホテル開業と同時にオープンした和食堂「山里」、その7年後に山里から独立した鉄板焼レストランとしてオープンしたのが「ざざんか」。同店は長年にわたり、在オランダ邦人の心のふるさととして、またオランダ及びヨーロッパへの和食文化の伝承と、日蘭食文化の架け橋としてその一翼を担ってまいりました。当時にも既に「日本料理店」は存在しておりましたが、本格的な「日本料理」を提供できるレストランは皆無に等しく、「山里」、「さざんか」では正統な日本料理を地元オランダ、欧州の人々に愛される最高級の和食レストランとして確固たる地位を確立しております。和食堂「山里」は2002年に和食レストランとして欧州で初めて1つ星を獲得し、その後も継続的に星を獲得しております。
また、コンテンポラリー・フレンチ「シエルブルー」はフランス料理をベースにしながら、常に革新的な手法を取り入れた料理は多くのお客様を魅了し高い評価を得ており、2005年に一つ星を獲得し後、2007年からは続けて2つ星を獲得しております。

日蘭食文化の架け橋となった「山里」、「さざんか」
開業当時、オランダでは、日本料理に必要とされる魚介類、野菜類など簡単に手に入る環境ではありませんでした。料理長自らが理想の食材を求めて片道500キロの距離を、仏パリのランジス市場まで買い付けに行くなど厳しい状況下でのスタートでした。新鮮な食材を使用した本格的な日本料理を提供するレストランとしてのこだわりのため、当時ではオランダで入手出来なかった、シイタケ、なす、大葉などを現地農家の協力を得て生産を実現して参りました。今ではオランダのスーパーでも、日本野菜が手に入るまで普及いたしました。また食材の入手の壁と共にもうひとつの壁となったのが、日本と欧米との味覚の違い。例えば、日本人にとって肉と言えば「霜降り」が定番ですが、ヨーロッパの人にとっては赤身の「ヒレ、サーロイン」。現地の方の好みにも対応できるよう、今年から解禁になった日本産和牛を含めて、バリエーション豊かなメニューを用意いたしました。このように欧米というひと括りで捉えることが出来ないのが食文化。肉一つをとっても国によって好みが違い、地元の味覚などを学びながら、一方でその土地で味わえない食材、その季節にしか味わうことのできない食材をうまくメニューに取り入れてまいりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング