【報道参考資料】ウクライナ東部 180以上の教育関連施設が被害に

PR TIMES / 2014年12月24日 16時11分

147の学校が閉鎖



※本信は ユニセフ本部(ニューヨーク)の発信情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、
独自に編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_78177.html でご覧いただけます


【2014年12月19日 ニューヨーク/ジュネーブ/キエフ発】

ユニセフ(国連児童基金)は、戦闘が続くウクライナのドネツク州では147の学校が閉鎖
においこまれ、今年9月1日以降、約5万人の子どもたちの教育に影響がでていることを
発表しました。一部の学校は攻撃を受け廃墟と化しており、他は安全面への懸念から閉校
しています。また政府管制地域では、187の教育関連施設が損壊や破壊の被害を受けて
います。

「子どもたちが学校に戻り、教育を再開できることが不可欠です。紛争の矢面に立ち
続けているのは、教育や基礎的なサービスから遮断されている子どもたちです。なかには、
酷い戦闘や爆撃の様子を目撃している子どももいます。ユニセフは、武力衝突に関わる
すべての関係者に対し、子どもたちを暴力行為から守ることを引き続き求めます」と、
ユニセフ中央・東部ヨーロッパ地域事務所代表のマリーピエール・ポワリエール代表は
訴えます。

緊急事態下において、学校は「日常」を維持するために重要な役割を果たします。教育は、
紛争地域に暮らすウクライナの子どもたちのトラウマを癒し、ストレスを緩和する助け
となります。

ウクライナ東部で高まり続ける危機は170万人以上の子どもに影響を及ぼしており、その
状況は非常に深刻です。2014年3月以降、この紛争により住む場所を失い、避難を余儀
なくされた人は100万人以上。うちウクライナ国内で避難生活を送っている人は約53万人
にのぼり、そのうち少なくとも13万人が子どもたちです。

子どもたちが避難先で教育を受けられる機会は限られています。子どもたちの両親は、
さらなる避難、あるいはもと住んでいた場所に戻る可能性を考え、新しい学校への
入学手続きに踏み出せないのです。

ユニセフは、60万人にのぼるウクライナの子どもたちと家族が緊急に必要としている
支援を届けるための下記の活動資金として、3,240万米ドル(約38億700万円/1米ドル=
117.5円で換算)を必要としています。

- 22万5,000人の学齢期の子どもに、質の高い教育のための物資を提供
- 10万人の子どもに、ストレスを軽減するため心のケアを提供
- 喫急に必要な、ポリオの予防接種の実施
- 紛争地域の25万人の子どもとその母親が、安全な水と衛生状態を確保できるよう物資
を提供

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング