【ホテルオークラ東京】セレブレーションコンサート&ランチ開催(1日限定)

PR TIMES / 2014年12月18日 11時0分

ドレスデン国立歌劇管弦楽団メンバーによるオーキッドルームでのサロンコンサート

本館建替えにより53年間の歴史に幕を閉じることとなる欧風料理 オーキッドルームにおいて、2015年2月24日(火)にドレスデン国立歌劇管弦楽団の来日を記念し「セレブレーションコンサート&ランチ」を開催いたします。



ホテルオークラ東京(代表取締役社長 池田正己)では2015年9月からの本館建替えに伴い、一人でも多くのお客様にオークラの魅力を再認識していただく記念事業「This is Okura」300 Days Project を4つのステージに分け開催しております。
Second Stage「あの頃を、つくる」 オークラの思い出を。一人ひとりのあの頃を。(2015年1月31日~3月31日、78日間)では、本館建替えにより53年間の歴史に幕を閉じることとなる欧風料理 オーキッドルームにおいて、2015年2月24日(火)にドレスデン国立歌劇管弦楽団の来日を記念し「セレブレーションコンサート&ランチ」を開催いたします。レストランならではの臨場感あふれるサロンコンサートをお愉しみいただけます。


ドレスデン国立歌劇管弦楽団は、1548年にザクセン選帝侯の宮廷楽団として設立され、460余年の歴史を持ち、世界的に最も古い歴史と伝統を誇るオーケストラの一つです。ホテルオークラ東京は長年に亘り世界的に著名な音楽家や交響楽団の常宿として親しまれており、今回のサロンコンサートもその親交から実現いたしました。オーケストラメンバーのなかから選抜された4名による優美な弦楽四重奏と、欧風料理 オーキッドルームでの本イベントの為に用意された特別ランチコースご堪能いただけます。


オーキッドルームは、開業当時よりメインダイニングとして世界各国の賓客をお迎えしてまいりました。ホテルを象徴する本館メインロビー階に位置し、ロビーと統一したオークラらしいしつらえの中で、美しい音色を堪能いただける一日限りのサロンコンサートです。

セレブレーションコンサート&ランチ開催概要
【日時】2015年2月24日(火) 
    受付開始12:00~ / ランチ12:30~ / コンサート 14:00~
【会場】ホテルオークラ東京 欧風料理「オーキッドルーム」(本館5階)
【出演】ドレスデン国立歌劇管弦楽団メンバーによる弦楽四重奏
    トーマス・マイニング(第1ヴァイオリン)
    バルバラ・マイニング(第2ヴァイオリン)
    アンドレアス・シュライバー(ヴィオラ)
    マルティン・ユングニッケル(チェロ)
【料金】お一人様 ¥15,000 (ランチ・ワンドリンク・コンサート・サービス料込み)
【ご予約】ホテルオークラ東京 欧風料理「オーキッドルーム」 TEL:03-3505-6069
【発売日】12月18日(木) 10:00~
【曲目】全6曲
・ハイドン 弦楽四重奏曲 ハ長調 op.76-3 「皇帝」より第1楽章・第2楽章
・W.A.モーツァルト
 弦楽四重奏曲第21番「プロシャ王第1番」ニ長調 K.575より第1楽章・第2楽章
・ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲 ヘ長調 op.96「アメリカ」より第4楽章
・チャイコフスキー
 弦楽四重奏曲第1番 ニ長調 op.11より第2楽章「アンダンテ・カンテービレ」
・クライスラー 愛の喜び、愛の悲しみ
・J.シュトラウス2世 喜歌劇「ジプシー男爵」序曲
【メニュー】市場直送鮮魚のカルパチョ 春菊のソースとカラスミを添えて/イベリコ豚ロースの低温ロースト 三種ペッパーとマデラ酒のソース など全5品
※出演者、演目は変更になる場合がございます。
※定員になり次第締め切りとなります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング