「全国小・中学校作文コンクール」(主催読売新聞社)イーブックジャパン賞が決定!作品集を電子書籍で配信!

PR TIMES / 2014年12月8日 16時43分



12月6日、第64回全国小・中学校作文コンクール(読売新聞社主催)の表彰式が行われ、今年から新設されたイーブックジャパン賞受賞者3名が発表されました。

国内最大級の電子書籍販売サイト「eBookJapan」を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、今年から同コンクール協賛会社として参加し、小学校低学年の部、小学校高学年の部、中学校の部の3部門にイーブックジャパン賞を新設しました。

受賞者には、文部科学大臣賞、JR賞受賞者とともに、賞状と記念品が贈呈されました。表彰式に来賓として列席された高円宮妃殿下は、「日頃から『なぜ』『どうして』と感じ、発信することが大切です」とお祝いの言葉を述べられました。


今回のイーブックジャパン賞の受賞者は下記の通りです。(敬称略)


◆小学校低学年の部 「インコとのきずなとかぞく」 新潟県・青葉台小学校2年
宮下月希(みやした るい)


【作品の内容】
家族同然で一緒に暮らしていた2羽のインコが行方不明になったてん末を通して、家族の結びつきと動物に対する深い愛情がしっかりとした文章でまとめられています。


「自分が過去に思ったことや思っていることを文章にするのが難しかった」と宮下さん。


◆小学校高学年の部 「桜色のなみだ」 山口県・小郡南小学校4年
小海茉由(こうみ まゆ)


【作品の内容】
作者が得意とする「人間観察」によって兄の挫折と挑戦をそばでじっと見つめる温かい眼差しとユーモラスなオチに至るまで、安心して読むことが出来、さわやかな読後感に包まれます。


「私は終わり方と題名にこだわりますので、そこは結構考えました。作文の中から一番言いたいことを題名にしました」と小海さん。


◆中学校の部 「岐路」 高知県・高知大学教育学部附属中学校2年
藤戸美有(ふじと みゆ)


【作品の内容】
母が腎臓移植を受けて自分で選んだ生き方をそばで直視しながら、母に対しての心の寄り添いと「本当の優しさとは何か」が丁寧に描かれていて、読者の心に深く沁みこむようです。


「母の病気は大変なので私にできることはないかなと、作文を書いたことでさらに考えるようになりました」と藤戸さん。


受賞作、および入賞作あわせて30作品は、『作文優秀作品集』として刊行される予定です。昨年までは紙版だけの出版でしたが、今年度より、従来の紙版に加えて、電子書籍もリリースされます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング